住宅改修

住宅の改修



心身の機能が低下した高齢者の住まいを安全で使いやすくするため、また介護者の負担を軽減するために住宅改修を行う場合は、要介護状態区分などにかかわらず、住民票のある住所地につき費用の20万円を限度に9割までが払い戻されます。 (一定以上の所得のある人は8割まで。)

 なお、改修前に事前の手続きが必要です。詳しくは[ 住宅改修に関する申請・手続きについて ]をご覧ください。


■ 対象となる改修