成人用肺炎球菌の予防接種について

倉敷市では、予防接種法に基づき、高齢者等の方に肺炎球菌の予防接種を公費負担(一部自己負担あり)にて実施します。

                   
使用ワクチン:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン

期 間


   平成29年10月1日(日)~平成30年3月31日(土)

   ※平成29年度対象者で平成29年4月1日~平成30年9月末までに接種を希望される方は、

             別途、肺炎球菌ワクチン接種券(4月~9月)の発行が必要になります。

    (接種券発行申請から発送までは、約2週間をいただきます。)
    倉敷市保健所保健課感染症係(086-434-9810)までご連絡ください。

対 象


  倉敷市在住で、以下の二つに該当し、接種を希望する方(1回のみ)
  
   1.平成29年度に右の年齢になる方。 ⇒対象年齢一覧(平成29年度)
     (接種医療期間へ接種券の持参が必須となります。接種時に満60歳から65歳未満の方で、
      1級内部障がいに該当する方は、接種券の発行手続が必要になりますので、ご連絡ください。)    

   2.今までにこのワクチンを接種したことがない方。

         ※対象となる年度においてのみ、定期接種としての公費助成が受けられます。      

費 用


   一部自己負担金 3,000円
 
   市民税非課税世帯の方、生活保護世帯、中国残留邦人の自立支援給付金受給者の方は、 接種前
   減免申請すれば半額の減免券、または全額の減免券が交付されます。

   →減免申請のしかた(減免受付専用電話)
   →減免申請書ダウンロード     

   ※ 償還払い(接種後の減免申請)はありません

接 種 回 数


   接種対象年齢時に1 回のみ
      ※この制度では、今までこのワクチンを接種したことがない方を対象に、
       平成30年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。

接 種 場 所


   倉敷市と委託契約している医療機関 ⇒医療機関一覧
   または、「岡山県相互乗り入れ制度」に加入している県内医療機関(加入しているかどうかは各医療機関に
   おたずねください。)
   県外では、接種券を利用しての接種はできません。

   肺炎球菌ワクチンの不足等で接種ができない場合があります。接種前に医療機関にご確認ください。

医療機関にお持ちいただくもの


   ・平成29年度肺炎球菌ワクチン接種券(封書) …9月末頃発送します
     ※接種券を必ずお持ちください
      ( 接種券は必須になります。無い場合は、再発行の手続きが必要となります。)
   ・60歳から65歳未満の方で、1級内部障がいに該当する方は、身体障がい者手帳または医師の
     診断書(診断書料金は自己負担)
   ・減免申請した方は、減免券と接種券の両方が必須となります。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種にあたっての説明書


   ⇒平成29年度版ダウンロード     

肺炎球菌Q&A


   厚生労働省のホームページへ