人材育成

ゲートキーパー研修(人材育成)

大切な命を守るために、私たちにできること知ってください

我が国では、1年間に自殺で亡くなる人の数が14年連続して3万人(警察庁統計)を越えていましたが、平成24年には2万7766人で15年ぶりに3万人を割りました。
倉敷市では毎年80人前後の人が自殺でなくなっています。

 

全国的にも自殺者数は減少傾向にありますが、多くの自殺は、個人の自由な意思や選択の結果ではなく、様々な悩みにより心理的に「追い込まれた末の死」と言うことができます。自殺は、健康問題や経済・生活問題等様々な要因が関係しています。
悩みを1人で抱え込まないことが大切です。

そこで、倉敷市では周りの人の悩みに気づき、声をかけ、専門家や関係機関につなぐことが出来る人材の育成を目的としたゲートキーパー研修を行なっています。


内閣府ホームページ(ゲートキーパー)

ほっとちゃん 


その他、理美容組合やヤクルト、高齢者支援センターの方やケアマネージャーさん、大学生、市職員へゲートキーパー講座を開催しています。
 
講座風景                

理容組合さん:お客様と接する中で悩みを傾聴するゲートキーパーとしての役割を担ってもらえるようお話をさせていただいています。


講座風景2

ヤクルトさん:地域のさまざまな方々と触れ合う機会の多いヤクルトさんのご協力のもと、地域の方々のちょっとした変化に気づいた時に専門機関を紹介していただいたり、見守る役割をお願いするため、講習を行っています。


高齢者支援センターさん               

高齢者支援センターさん:高齢者の生活支援を行っている高齢者支援センターの方や、ケアマネージャーさん向けに自殺予防について講習を行っています。



大学GK

岡山学院大学さん:自殺の契機となりうる就職を経験する学生へ自分の心の健康を保つ方法や友人同士支えあう必要性を伝えています。


出前講座として市内の各団体へ伺いゲートキーパー養成研修を行っていますので、ぜひ御利用ください。



平成26年度ゲートキーパー研修(職員向け)
市民の不安や悩みに寄り添い、市民に必要な支援ができる対応スキルを高める為研修を行っています。

相談対応研修(知識編)
相談対応研修 知識編


相談対応研修(実践編)
相談対応研修 実践編


管理者研修
課長級研修

倉敷市保健所 保健課   精神保健係
〒710-0834  倉敷市笹沖170番地 【TEL】 086-434-9823  【FAX】 086-434-9805  【E-Mail】 hltmen@city.kurashiki.okayama.jp