事業所を選ぶ時のポイント

事業所を選ぶ時のポイント



介護保険は、利用者自身が自分に必要なサービスやよりよい事業所を選択してサービスを利用します。
しかし、初めてサービスを利用する際、どんなことに気をつけて選んだらよいでしょうか。ここからは、事業所を選ぶときのポイントを在宅サービスを例にまとめていますので、よりよい事業所選びに役立ててください。


  居宅介護支援事業所を決めましょう。
     
  • 日ごろの生活の様子、困っていることや希望するサービス内容をきちんと伝えることができましたか。また、きちんと理解してもらえましたか。
     
  • 希望する内容に応じてくれましたか。また、複数の事業所から選択できるような説明をしてくれましたか。


  利用するサービス事業所を決めましょう。
     
  • どんな介護をするかなどが書かれた書類(重要事項説明書)を受け取りましたか。
     
  • あなたが利用したいときに、事業所が開いていますか(早朝や深夜の時間帯や日曜日や連休、年末年始の休日など)。
     
  • あなたがして欲しいことがしてもらえますか(重要事項説明書では、できることになっていますか)。
     
  • 事業所の職員の人数や資格が重要事項説明書に書かれていますか。
     
  • サービスの予定を変更するときや担当者の変更を希望するとき、あなたの希望に沿えるようにしてくれますか。
     
  • 介護保険が使えるサービスと使えないサービスが、はっきりと分かるように書かれていますか。
     
  • 利用料と支払方法は、分かりやすく書かれていますか。また、キャンセルするときの料金も分かりやすく書かれていますか。
     
  • 苦情や相談、意見を受け付ける担当者は誰か確認できていますか。
     
  • 事故が起こったときどうするのか、どのように補償されるのか確認できていますか。
     
  • 契約をやめるとき、どうすればよいか書かれていますか。


  以上のことから考えてみましょう。
     
  • 以上のチェック項目を確認して、最終的にこの事業所を利用しようと思いましたか。
    (利用して不満がある場合は、居宅介護支援事業所やサービス事業所の変更ができます。 )