冬じたく

夜の冷えこみにご注意


気温がマイナス4度以下になりますと、防寒の不完全な水道管は凍ったり、破裂したりします。
(水道管の設置場所等によっては,マイナス4度にならない場合でも凍ったり,破裂したりする可能性がありますのでご注意ください。)
また、空き家の水道が凍結して破裂することがありますので、所有者の方は、自宅だけでなく、空き家の管理もお願いします。長期間不在にする場合には、止水栓を止めておいてください。

    特に多いのは次のようなところです。
   
      水道管がむき出しになっているところ
      水道管が北向きにあたるところ
      風あたりの強いところにある水道管 

 

水道管が破裂した時


応急手当イラスト

  まず、止水栓をしめて水を止めます。
そして、破裂した部分に布かテープを巻きつけて応急手当をしてから、
指定給水装置工事事業者へ修理をお申し込みください。


水道が凍って出ないとき



      タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて
  とかします。
   熱湯をかけると破裂やヒビ割れすることがありますので、
  ご注意ください。                 
凍結水道管へぬるま湯イラスト


防寒のしかた



水道管防寒イラスト1   保温材を巻きます。
 じゃ口が破れつしやすいので、左図のように完全に包んでください。
  手近かなものとして、毛布、布などを利用してください。
 なお、これらがぬれないように、上からビニルなどを巻い
 てください。
水道管防寒イラスト2
メータボックス防寒イラスト   メーターボックスの中に使い古しの毛布や布切れなどを入れ、
 メーターボックスの上にダンボールなどをのせて保温してください。



倉敷市水道局 水道管理課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3675  【E-Mail】 wbmng@city.kurashiki.okayama.jp