災害や渇水の備え

災害や渇水の備え


 倉敷市水道局では、耐震化施設への更新や岡山市との連絡管の設置など、災害対策を進めています。
 しかし、地震が発生し、水の供給が停止した場合、くみ置きあるいは備蓄しておいた水が、飲み水として大変役に立ちます。

 水道水のくみ置きをしましょう。

      水道水をくみ置きする時は、清潔でフタのできるポリ容器などに口元にいっぱいまで入れて、日の当たらない涼しい場所に保存してください。
 消毒のために入れてある塩素の効果は薄れていくので、3日に1度はくみ替えて、古い水は掃除や洗濯など飲み水に以外にご使用ください。


 一人1日3リットルを目安に。


  人間が生きていくために必要な水の量は、一人1日あたり3リットルと言われていますので、水道水をくみ置きする目安にしてください。