グリーストラップについて

グリーストラップ(グリース阻集器)について

 建築基準法関係規定(昭和50年建設省告示第1597号)により、汚水に油脂類が多量に含まれる場合
は、排水管の機能を妨げないようにするため、又は排水管を損傷させないようにするため、
グリーストラップを有効な位置に設置する必要があります。

グリーストラップとは

 グリーストラップとは排水中の油脂分を分離・貯留して油脂を排水管や下水管に直接流さないように
する装置です。

グリーストラップの設置について

 1 ラーメン店や焼肉店などの飲食店のほか料理店など、業で行う事業場には必ずグリーストラップ
  を設置してください。
   また、設置場所は掃除のしやすい場所に設置してください。
 2 グリーストラップの容量計算は公益社団法人 空気調和・衛生工学会規格
  「SHASE-S217-2016グリース阻集器」に基づいて計算を行ってください。
 3 容量計算は店舗全面積に基づく選定を標準として機種選定をしてください。
 4 清掃の周期について阻集グリースは7日以上,堆積残さは30日以上で計算してください。
 5 設置するグリーストラップは容量50L以上(許容流入流量37.5L/min以上)のものを設置して
  ください。

グリーストラップの機種選定について

 グリーストラップの容量計算方法(pdfファイル)
 グリーストラップ機種選定早見表(pdfファイル)

グリーストラップの維持管理について

 グリーストラップは排水中の油脂分を分離し、油脂分の少ない排水だけを下水道に流すためのもの
です。そのため、グリーストラップ内には油脂が溜まるため、必ず定期的に掃除を行わなければなり
ません。

グリーストラップの清掃頻度

 1 バスケットに溜まったゴミの掃除について → 毎日掃除を
 2 分離した油脂(阻集グリース)の掃除について → 1週間に1回以上掃除を
 3 堆積残渣(沈澱物)の掃除 → 1か月に1回以上掃除を

 なお、掃除の際に発生するゴミは産業廃棄物として適正に処理してください。

 グリーストラップの適正な維持管理について(pdfファイル)

グリーストラップへ処理装置は追加しないで下さい。

 既設のグリーストラップに、グリースを分解する菌を投入してばっ気したり、オゾンなどを利用
してばっ気する処理装置を追加設置しないで下さい。設置しますと、グリーストラップで集めた
グリースが攪拌により再び下水道に流れ込むことになり、グリーストラップの効果が失われます。

電話番号お問い合わせ先
倉敷地区 本庁 下水普及課 426-3561
児島地区 児島支所建設課 下水道係 473-1124
玉島・船穂地区 玉島支所建設課 下水道係 522-8122
水島地区 水島支所建設課 下水道係 446-1910
真備地区 真備支所建設課 下水道係 698-8110