火災警報器ってどんなもの?

火災警報器にはどんな種類がありますか?

火災警報器とは,火災による煙や熱を感知して,警報音やブザー等で火災の発生を知らせてくれる頼もしい味方です。

現在市販されている火災警報器は,大きく分けると「」に反応するタイプ(煙式)と「」に反応するタイプ(熱式)の2種類があります。

また,設置方法によって乾電池タイプと配線タイプ(AC100V)の2通りに分けられます。乾電池タイプでも配線タイプ(取り付け場所付近にコンセントがあれば)でも自分で簡単に取り付けることができます。

keihou5
種別 感知方式 備考
煙式 光電式 光の反射を利用して火災の煙を感知します。設置基準に適合しています。
イオン式 廊下用で,寝室や階段には設置できません。放射性物質を使用しているため,みだりに廃棄できません。
熱式 定温式等 台所(設置義務はありません)など火を使用する場所への設置に適しています。

上記のことから,購入に際しては,煙式(光電式)を選ぶようにしてください。また,技術基準に適合したものには下記のマークがついています。このマークのついている火災警報器を購入するようにしましょう。

keihou7

日本消防検定協会の鑑定に適合したもの