小児慢性特定疾病

小児慢性特定疾病医療支援事業について
        制度の概要
小児慢性特定疾病にかかっている児童等について,健全育成の観点から,患児家庭の医療費の自己負担分の一部が助成されます。加入医療保険単位による「世帯」の市民税(所得割)により自己負担金が必要です。
        対象者
 小児慢性特定疾病にかかっており,厚生労働大臣が定める疾病の程度である児童等が対象です。
 1 慢性に経過する疾病であること
 2 生命を長期に脅かす疾病であること
 3 症状や治療が長期にわたって生活の質を低下させる疾病であること
 4 長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾病であること
 
上記のすべての要件を満たし,厚生労働大臣が定めるもの
18歳未満の児童等が対象です。(ただし,18歳到達時点において本事業の対象に引き続き治療が必要と認められる場合には,20歳未満の者も対象とします。)

対象疾病・診断の手引き(診断基準)はこちら
↑↑診断の手引きはキーワード検索等で疾病を検索した後,医療意見書の左側に掲載されています


       
申請の方法
 【注意事項】
   公費負担の対象となるのは、緊急入院などの場合を除き、原則として申請窓口での受付日からです。
→→→問い合わせ・申請窓口
 また、20歳の年齢到達の場合を除き、医療受給者証の有効期間が終了した後も引き続き治療が必要な場合は、更新申請が必要になります。
 ※転出される場合は必ず転出先の自治体に電話連絡等で事前に必要な書類等の御確認をお願いいたします。

【申請の種類】
申請の種類 必要書類(ダウンロードできます)・手続き


新規及び更新等に必要な書類
































1 小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書
2 同意書及び収入申告書

3 小児慢性特定疾病医療意見書
↑↑↑指定医の先生に依頼して作成してもらってください。
なお,画面一番下の診断書の一括ダウンロードはコチラをクリック後に表示される画面下の3.Excel形式を選択するとダウンロードできます。

※成長ホルモン治療が必要な場合は成長ホルモン(初回)若しくは(継続)用意見書も必要です。また新規(初回)申請の場合はデータも必要となります。

4 健康保険証のコピー(患者本人のもの)
  健康保険証が国保組合の場合,国保組合に加入している全員分
 同意書(加入医療保険照会用)

(必要に応じて提出が必要な書類) 
6 人工呼吸器装着者申請書

7 ○1月~6月申請は前年の1月1日,7月~12月申請はその年の1月1日に倉敷市以外に住民登録があった方で健康保険証が国保(国保組合)の方
  → 国保(国保組合)に加入している人全員のもの
  ○健康保険証が(社保・共済・健組など)被用者保険の方
  → 被保険者のもの
  7月~3月申請は最新年度の市民税課税証明書
  4月~6月申請は前年度の市民税課税証明書

8 被保険者の市民税が非課税の場合は最新年度の市町村民税非課税証明書。また,年金・手当を受給している方は障がい年金や特別児童扶養手当等の振込額が確認できるもの

9 重症患者認定申請書  重症基準はコチラ
  重症患者認定申請を希望する方,既に重症認定を受けている方
  
10「特定医療(指定難病)医療受給者証」「小児慢性特定疾病受給者証」
  世帯内に小児慢性特定疾病及び指定難病患者がいる場合

11 加入医療保険が国保組合の方
   加入者全員の市町村民税課税証明書

重症患者の認定を受けようとするとき(重症申請)→→→重症患者認定基準 1 重症患者認定申請書
2 障がい等の状態を証明する書類
    医療意見書または身体障がい者手帳
     医療意見書については、新規・更新申請と同時に行う場合は添付した医療意見書で兼ねることができます。
     身体障がい者手帳については、本事業対象疾患により身体障がい者手帳(1・2級)を交付されている場合に、障がい名が記載された面をコピーしてください。
3 小児慢性特定疾病医療費支給認定変更申請書(既に受給して階層が変わる方)
受給者証に記載してある
①自己負担上限月額の変更(階層区分の変更並びに重症患者等区分及び按分特例の適用により自己負担上限額の変更をする場合)
②指定医療機関の変更・追加
③疾病名の変更・追加


受給者証に記載されている上記①~③以外の変更(住所,加入医療保険等)
1 小児慢性特定疾病医療費支給認定変更申請書
2 申請書以外に必要なものは,申請書裏面に記載 

 ※ 医療機関追加で、公費負担の対象になるのは、原則として申請窓口での受付日以降です。 

   (薬局・訪看についても申請が必要です)

 


1 小児慢性特定疾病医療受給者証等記載事項変更届
2 変更内容を証明するものを添付ください。

倉敷市外から転入したとき
(開始日は申請日からとなります。)
1 小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書
2 転入前の自治体が発行した医療受給者証の写し
3 保険証の写し
4 同意書
倉敷市内での住所変更
氏名の変更
 小児慢性特定疾病医療受給者証等記載事項変更届
2 小児慢性特定疾病医療受給者証
3 変更後の住所や氏名が証明できる公的な証明書類
医療保険の変更 1 小児慢性特定疾病医療受給者証等記載事項等変更届
2 小児慢性特定疾病医療受給者証

3 保険証の写し(医療保険の変更)
4 同意書  医療保険上の高額療養費適用区分を保険者へ照会するため)
5 加入医療保険が国保組合に変更になった場合,加入者全員の市町村民税課税証明書
6 被保険者の市民税が非課税の場合,最新年度の市町村民税非課税証明書
7 
小児慢性特定疾病医療支給認定変更申請書(階層が低くなる場合)

受給者証の再交付が必要なとき 1 小児慢性特定疾病医療受給者証再交付申請書
倉敷市外へ転出したとき
治療の中止・死亡時
1 小児慢性特定疾患医療受給者証を返還ください。
※ 転出先での申請方法は、転出先の自治体に問い合わせてください。
医療費の払い戻し 1 小児慢性特定疾病医療費等請求書
2 該当する月の「自己負担上限額管理票」
 
先天性血液凝固因子障がい等治療研究事業の対象疾患
・第Ⅰ因子(フィブリノゲン)欠乏症    ・第Ⅹ因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症
・第Ⅱ因子(プロトロンビン)欠乏症    ・第ⅩⅠ因子(PTA)欠乏症
・第Ⅴ因子(不安定因子)欠乏症      ・第ⅩⅡ因子(ヘイグマン)欠乏症
・第Ⅶ因子(安定因子)欠乏症       ・第ⅩⅢ因子(フィブリン安定化因子)欠乏症
・第Ⅷ因子欠乏症(血友病A)       ・フォン・ヴィレブランド(von Willebrand)病
・第Ⅸ因子欠乏症(血友病B)       ・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症 

        受診上の注意
     事業の対象となる医療は、認定された疾病及び当該疾病に付随して発現する傷病に対する医療に限定され、これ以外のものは対象になりません。
     医療受給者証に記載してある医療機関以外は対象になりません。指定医療機関を追加・変更される場合は、受診前に上記手続きをしてください。
    指定医療機関の窓口で、1ヵ月につき、医療受給者証に記載してある自己負担限度額までの医療費の支払いが必要です。

        医療費の払い戻し
受給者証の有効期間内の受診に対する医療費は、公費負担の対象になります。次のいずれかに該当する場合、既に指定医療機関へ支払った医療費の払い戻しを倉敷市から受けることができますので、「小児慢性特定疾病医療費等請求書」に指定医療機関で証明を受け申請窓口へご提出ください。後日、ご指定の金融口座へ倉敷市が振込を行うことにより、医療費の払い戻しを受けることができます。
(1) 1ヵ月あたりの1人の患者が支払った額の合計が、月額自己負担上限額を超えた場合。
(2) 受給者証の交付が、受給者証の有効期間の始期よりも遅かった場合等、受給者証の有効期間内の受診で本制度の適用を受けられなかった場合。
     請求の際は、医療費の一部負担額を支払った指定医療機関ごと、受診月ごとに所定の請求書が必要です。

◆ 自己負担金について<<自己負担限度額表>>は→→こちらから


◆  お問い合わせ・申請受付窓口一覧は下記まで

 名   称

   〒     

 所  在  地

 電話番号

 倉敷市保健所保健課
      保健医療係
 710-0834  倉敷市笹沖170
(倉敷市立葦高小学校北側)      
086-434-9812
 児島保健福祉センター
    児島保健推進室
711-8565   倉敷市児島小川町3681-3
(児島支所内)
 086-473-4371
 玉島保健福祉センター
    玉島保健推進室
713-8565     倉敷市玉島阿賀崎1-1-1
(玉島支所内) 
 086-522-8113
 水島保険福祉センター
    水島保健推進室
712-8565   倉敷市水島北幸町1-1
(水島支所内)
 086-446-1115
 玉島保健福祉センター
    真備保健推進室
 710-1398 倉敷市真備町箭田1141-1
(真備保健福祉会館内) 
 086-698-5111



倉敷市保健所 保健課 保健医療係
〒710-0834  倉敷市笹沖170番地
【TEL】 086-434-9812  【FAX】 086-434-9805  【E-Mail】 hltmed@city.kurashiki.okayama.jp