自動体外式除細動器(AED)について

自動体外式除細動器(AED)とは


 AED(自動体外式除細動器)とは、心臓の心室が小刻みにふるえた状態になり、脳やからだに血液を送り出すことができなくなる心室細動の際に、電気ショックを与え、心臓の働きを正常に戻すための医療機器です。

 AEDは、自動的に心電図を解析し、電気ショックが必要と解析した場合は、機器の音声ガイダンスに従ってスイッチを押すと電気ショックが与えられます。操作方法は、音声ガイダンスに沿って行いますので、一般の方でも簡単に扱うことができます。



自動体外式除細動器(AED)の適切な管理等の実施について

 AEDは、平成16年7月より救命現場に居合わせた市民による使用が認められて以降、急速に普及が進んでいます。
 このような状況を踏まえ、管理不備により必要時に性能を発揮できないほどの重大な事象を防止するためにも、日常点検を実施し、適切な管理を徹底していくことが重要になります。
 AEDを設置されている施設管理者等につきましては、AEDの日常点検や消耗品(電極パッド、バッテリー)の管理の実施を徹底いただきますようお願いします。
 
 点検方法等については、下記の厚生労働省ホームページをご参照ください。
   厚生労働省 ; 自動体外式除細動器(AED)の適切な管理等の実施について


自動体外式除細動器(AED)の設置について

 急速に普及が進んだAEDですが、平成25年9月に、より効果的・効率的な利用を促し、救命を促進することを目的として「AEDの適正配置に関するガイドライン」が作成されました。その中では、人が多い場所、心停止のリスクがあるイベントが行われる場所などが、AEDの設置が推奨される施設とされています。
 具体的な施設としては
  ①駅
  ②スポーツジム・スポーツ関連施設
  ③デパート・スーパーなどの大規模な商業施設
  ④遊園地・海水浴場などの大型集客娯楽施設
  ⑤市役所、公民館などの比較的規模の大きな公共施設
  ⑥交番などの人口密集地域にある公共施設
  ⑦高齢者のための介護・福祉施設
  ⑧学校
  ⑨会社、工場、作業場
  ⑩パチンコなどの遊興施設
  ⑪大規模なホテル
  ⑫郵便局・24時間営業のコンビニエンスストアなど救助者にとって目印となる施設
 などが示されています。
 (詳細は、右記をご覧ください。⇒「AEDの適正配置に関するガイドライン」)
 上記の施設で、まだAEDを設置されていない施設がありましたら、設置をご検討くださいますようお願いします。
倉敷市保健所 保健課
〒710-0834  倉敷市笹沖170番地総務係:  【TEL】 086-434-9800  【FAX】 086-434-9805  【E-Mail】 hltadm@city.kurashiki.okayama.jp

◆このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。