危険物

危険物って?
消防法で定める危険物

 日常呼ばれている「危険物」には,「毒物」や「劇物」あるいは「高圧ガス」などがありますが,それらの危険性や状態に応じて,それぞれの法令が定められています。

 消防法で定める危険物とは,取り扱いを誤ると火災を引き起こす性質があり,20℃,1気圧の環境で液体又は固体の状態にある化学物質です。(都市ガス,LPGやアセチレンガス等の気体は該当しません)

 消防法では,危険物の性質に応じて,下の表のとおり第1類から第6類の6種類に分類して規制しています。

                                  
性質 概要 物質例
第1類 酸化性固体 可燃物を激しく燃焼させる固体 塩素酸ナトリウム
硝酸カリウム
第2類 可燃性固体 着火又は引火しやすい固体 硫黄
マグネシウム
第3類 自然発火性
禁水性物質
空気又は水と接触して発火又は可燃性ガスを発生させる固体又は液体 ナトリウム
アルキルリチウム
第4類 引火性液体 引火しやすい液体 ガソリン
メタノール
第5類 自己反応性物質 加熱,衝撃により,爆発的に燃焼する固体又は液体 ニトロ化合物
アゾ化合物
第6類 酸化性液体 可燃物を激しく燃焼させる液体 硝酸
過酸化水素

 私たちに身近なものとしては,ガソリン,灯油,軽油,重油(いずれも第4類,引火性液体)などがあります。

 その他にもシンナーや塗料,マニキュア,着火剤などは,消防法で定める危険物に該当するものがあります。


危険物の貯蔵・取扱いの注意事項
取り扱い時の注意

 危険物の中には,かなり低温でも可燃性蒸気を発生するものがあります。

 危険物を取り扱う時は,周囲で火気を取り扱っていないか確認しましょう。



天ぷらを揚げるときはその場を離れない

 天ぷら鍋による火災は,依然としてあとを断ちません。

 天ぷらを揚げるときは,その場を離れないように注意しましょう。



給油中はエンジン停止

 自動車にガソリンを給油するときは,エンジンを停止しましょう。

 給油中のくわえタバコやライターの使用はもっての外です。

 また,最近セルフスタンドで,静電気による火災が発生しています。セルフスタンドでは,車のドアなどの金属部に触れ,静電気を除電してから給油しましょう。



ストーブ燃料補給時の注意事項

 ストーブの燃料補給は,次の点に注意してください。



ゼリー状の着火剤

 アウトドアブームが高まる中,メタノールを主成分とするゼリー状の着火剤による事故が発生しています。

 つぎたしによる引火・爆発事故,キャップを開けたまま放置したため引火・爆発した事故など,原因は様々です。

 着火剤を使用の際は,(1)一度火をつけたらつぎたししない,(2)子供の近くで使用しない,(3)水バケツや湿らせた布などを用意しておくなどの対策をしておきましょう。



セルフ方式ガソリンスタンドにおける注意事項