住民票コードの変更

住民票コードは,住民票コード変更請求書を提出していただくことにより,変更することができます。
ただし,番号の指定はできません。コンピュータが無作為に選んだ番号に変更となります。変更した場合,変更前の番号に戻すことはできません。

●請求できる人
1 倉敷市に住民登録がある人
* 15歳未満の人および成年被後見人は代理人
* 15歳以上20歳未満の人は,本人または法定代理人

●請求時に必要なもの
1 住民票コード変更請求書(所定の様式)
2 運転免許証,健康保険証など官公署発行の本人確認書類
3 法定代理人を証する書面(法定代理人が手続きをする場合のみ)
  未成年の場合 戸籍謄(抄)本(倉敷市に本籍がある方は省略できます。)
  成年被後見人の場合 登記事項証明書(東京法務局または岡山地方法務局発行)
※変更請求には,変更前の住民票コードが必要になりますので,予めご確認の上お越しください。

●請求手続き
 本人または法定代理人が下記の窓口で手続きをしてください。(任意代理人では手続きできません。)
上記2の本人確認書類が提示できない方は,住所地に照会書を郵送します。後日,照会書を請求窓口にお持ちいただくか,郵送してください。

 郵便で手続きすることもできます。その場合は次のものを下記まで郵送してください。
1 住民票コード変更請求書
2 運転免許証,健康保険証など官公署発行の本人確認書類のコピー
3 法定代理人を証する書面(法定代理人が手続きをする場合のみ)