旧大原家住宅

きゅう おおはらけ じゅうたく
旧大原家住宅

写真:旧大原家住宅

種別: 国指定・建造物
所在地: 倉敷市中央1丁目
所有・管理者: 株式会社三楽
指定年月日: 昭和46年3月11日
(昭和57年6月11日 宅地追加指定)

 倉敷は,江戸初期以来の幕府直轄地でした。倉敷川の水運を利用して経済力が高まり,江戸後期には「新禄」と呼ばれる新興勢力が台頭し,それまでの「古禄」と呼ばれる世襲の勢力に代って次第に富を蓄え,社会的地位を確立してきました。

 こうした新禄層の屋敷のうち,往時の面影を最もよく留める現存の町屋として,旧大原家住宅と大橋家住宅の2つの町屋が,国の重要文化財に指定されています。屋敷構えは互いに全く異なるものの,主屋等の建造物は両者ともに18世紀末における倉敷町屋の代表的な形式を示しています。

 旧大原家住宅は寛政7年(1795)に主屋の建築が着工され,その後座敷部分が増築され, その先には広い庭が続いています。また,主屋の後ろには蔵が建ち並び, 防火の役目も果たしています。

 主屋は本瓦葺,厨子二階建てで,屋根は一見入母屋造に見えますが,実際には切妻造りで妻側に付庇を設けた庇付き切妻屋根となっています。また倉敷窓,倉敷格子といった倉敷独特の意匠も備えています。蔵は土蔵造りで,外壁は腰に瓦を張りつけ,目地を白漆喰で盛りあげる『なまこ壁』で仕上げられ,そのコントラストは非常に美しく,倉敷の町並みの景観を特徴づけています。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(国指定) を表示