当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

宝島寺仁王門

ほうとうじ におうもん
宝島寺仁王門

写真:宝島寺仁王門

種別: 市指定・建造物
所在地: 倉敷市連島町矢柄
所有・管理者: 宝島寺
指定年月日: 昭和40年3月25日

 貞観元年(859) の開基と伝えられる宝島寺は,寂厳の居住した寺としてもよく知られています。

 慶長年間(1596~1614)に火災にあいますが,この仁王門は,そのとき,難をのがれた唯一の建物として今日まで伝えられているものです。

 桁行3間,梁間2間の欅の円柱を用いた三間一戸の八脚門で,屋根は切妻造,本瓦葺となっています。また,左右に脇間のある様式で,両脇間は前後にわかれ,仁王像は後室に祀られています。

 昭和58年度に保存修理が行われ,鮮やかな丹塗りの建物に復原されましたが,屋根瓦や妻の部分などの細部には装飾がほとんどみられず,全体的には簡素な造りとなっています。

 また創建年代については室町時代中期頃と推定されていますが,この保存修理の際に発見された墨書から,享保4年(1717)に大修理が行われたこともわかりました。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(市指定) を表示