証明の種類と手数料

証明書の種類

証明書には次のものがあります。

証明書の種類

説明

市県民税(所得・課税)証明書 納税義務者の1月1日から12月31日までの収
入金額・所得金額と,それに係る翌年度の市県民
税額を証明します。融資の申込み,扶養申請等に
使用します。
固定資産税(評価・課税)証明書 1月1日(賦課期日)現在の土地・家屋・償却資
産の評価・課税標準額・固定資産税額等を納税義
務者ごとに証明します。
不動産登記,税務署申告等に使用します。
納税証明書 納付すべき税額,納付済税額,未納税額等を納税
義務者ごとに証明します。
融資の申込み,入札参加等に使用します。
軽自動車税納税証明書(継続検査用) 軽自動車税の滞納がないことを証明します。
継続検査(車検)の申請をする際に使用します。
住宅用家屋証明書 住宅用家屋を新築又は取得した場合に,一定の要
件に該当すれば,所有権保存登記,所有権移転登
記,抵当権設定登記を申請する際に納める登録免
許税が軽減されますが,その要件を満たす住宅で
あることを証明します。
さらに,特定認定長期優良住宅又は,認定低炭素
住宅に該当する場合は,要件が追加されます。

証明手数料

手数料は次のとおりです。

証明書の種類

手数料

市県民税(所得・課税)証明書

1年度ごと1件につき 300円

固定資産税(評価・課税)証明書

1年度1納税義務者ごと1件につき 300円

納税証明書

軽自動車税納税証明書(継続検査用)

無料

住宅用家屋証明書

1件につき 1300円

※東日本大震災・平成 28年熊本地震の被災者に対する、税証明手数料の免除について

,