日常生活用具の給付

在宅(一部の種目は入院・入所中でも可)で心身に障がいがある方の日常生活の便宜を図るために、必要な用具が給付されます。なお、原則として基準年限内は同じ種目の給付が受けられません。

日常生活用具の給付は事前申請が必要です。
商品購入後の費用の給付はできません。
(※給付認定を受けた紙おむつ代償還払い及び人工内耳用空気電池を除く)


 [申請書等ダウンロード] [費用について] [手続きの流れ]

日常生活用具種目一覧表 

日常生活用具一覧PDF一覧表のダウンロードはこちらから(平成25年度版)


各種書類のダウンロード


日常生活用具一覧PDF日常生活用具給付申請書(通常種目)
日常生活用具一覧PDF住宅改修(居宅生活動作補助用具)給付申請書
日常生活用具一覧PDF紙おむつに関する医師意見書
日常生活用具一覧PDFネブライザー・電器式たん吸引器・吸入器付吸引器に関する医師意見書

日常生活用具一覧PDF難病患者等に関する医師診断書


費用の負担について

原則として1割負担(ただし、所得状況により減額/却下となる場合があります。)

補足説明 各用具には一般的な用具が購入できるよう、基準額を設定しています。基準額を超えた部分は全額自己負担となります。

申請手続き  ※購入される前に事前申請が必要です。

希望する用具の具体的な品名、型番などをあらかじめ決めて各福祉課窓口へ申請してください。
申請の手続きについては、こちらをクリックしてください。(ストーマ装具、おむつ、人工内耳用電池以外)

※ 委託契約業者一覧は、こちらをクリックしてください。


ストーマ装具の給付にあたっては、受給者証を発行します。指定の業者で受給者証をご提示のうえ、用具をお受け取りください。
おむつの給付については、受給者証での給付または償還払いでの給付となります。
人工内耳用空気電池の給付については、償還払いでの給付のみとなります。

 


その他の日常生活用具給付制度


おおむね65歳以上の人で、ねたきり状態等の方は、高齢福祉課の日常生活用具の給付制度をご利用になれます。

詳細ページへリンクします 
詳しくは、こちら(高齢福祉課のページ)から