当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

屋外広告物とは・・・?

屋外広告物とは,
 

常時または一定の期間継続して
屋外で
公衆に表示される
看板,立看板,はり紙,はり札並びに広告塔,広告板,建物その他の工作物等に掲出され,又は表示されたもの
 並びにこれらに類するもの

                                                  です。

 具体的には,図のように広告塔や屋上広告物,壁面広告物などさまざまな種類があります。また,営利を内容目的とするものだけでなく,シンボルマークなどの一定のイメージを与えるものも屋外広告物に該当します。

      

 

屋外広告物の役割

 屋外広告物は,お店や会社の場所を示したり,商品やサービスの情報を提供するなど,身近な情報を伝える手段として広く利用されており,街に活気を与えてくれています。

屋外広告物は景観を構成する重要な要素です!!

 「看板」それ自体は個人の財産ですが,それらが集まって形成される「街並み」は、そこに住む人々の共有の財産でもあります。したがって,屋外広告物は景観を構成している重要な要素であり,そこには当然ルールがあり,決して好き勝手に掲出できるわけではありません。

屋外広告物のルール

 例えば,ルールが無く,広告物が自由勝手に出せることになれば,より目立たせようとするあまり,周りとの調和を無視した広告物が増えてしまい,街並みや自然の美しい景観が損なわれたり,広告物の落下などによる人への危害も心配され,広告物本来の役割を失うことにもなりかねません。

 そこで倉敷市では,屋外広告物が適正に出されるよう,倉敷市屋外広告物条例を定めています。

 広告物の規制は,広告物を設置できないようにするためのものではなく,景観に配慮し,広告物が安全にうまく情報を提供できるようにするためのルールです。