バス路線維持



 急速な自家用車の普及とともにバス利用者が年々減少し、バス事業者の努力だけでは路線の維持が困難となり、生活交通路線として必要なバス路線を維持確保するため、バス事業者に対して、国、県、市が補助をしています。