毎年9月20日は「バスの日」

「いつでも、 どこでも みんなのバス」

 

home028

「バスの日」の由来について

日本で初めてバスが走ったのは、明治36年9月20日のこと。
京都の会社が、京都の堀川中立売~七条~祇園の区間で、バスの営業を始めました。

この日を記念して、 「いつでも、どこでも みんなのバス」 をテーマに、
昭和63年日本バス協会により 「バスの日」 が制定されました。

h3h3h3  mark_image02-43  h3h3h3


市内のバス状況


 マイカーの利用が増えたことにより、市内のバスの利用者は、30年前に比べ約1/5に減少し、バス路線の減便や廃止が進んでいます。

これからのバス交通

 市では、「市民の足」を確保するため、市民のみなさまをはじめ、公共交通事業者の方々と、それぞれのどのようなことができるか、役割分担を明らかにし、バスを中心とした公共交通を 「守り」「育てる」 ための方策について検討しています。

みんなでバスをもっと利用し路線を守っていきましょう。

いつでもどこでもみんなのバス

 

 

home029