岡山空港


 岡山空港は、岡山市中心部から18Kmに位置し、中型ジェット機が就航できる
空港(滑走路2,000m)として昭和63年3月に開港しました。
 
 その後、大型ジェット機の就航が可能な空港とするため、滑走路を500m延長し、
平成5年3月25日2,500m滑走路を持つ空港となりました。

 さらに、平成13年10月には3,000mに延長し、ボーイング747クラスの大型機
(航続距離1万3千km)によりアメリカ西海岸,ヨーロッパやニュージーランドへ直
行便が飛べるようにもなりました。

 また、西日本の拠点空港として、増大する航空貨物需要に対応する国空貨物基
地を目指して、平成8年10月にFAZ(輸入促進地域)の指定を受け、平成10年10月
航空貨物ターミナルが開業
しました。

 概要

  区分    滑走路3,000m、幅45m
 
  名称    岡山空港(陸上飛行場 第3種) 
 
  位置    岡山市日応寺1277  
 
  標点    北緯34°45′25″東経133°51′19″
 
  標高    239.2m
 
  敷地面積  187.2ha
 
  バース数   ジェット機7バース、小型機用 6バース
 
  駐車場数  3,177台 (有料288台、無料2,889台)

  定期便      国内定期便(東京、那覇、札幌)
         国際定期便(ソウル、上海)
          ※平成28年2月現在