住宅用火災警報器

ついていますか? 住宅用火災警報器!


消防法が改正され,全国一律に住宅用火災警報器等の設置が義務付けられました。設置及び維持基準については,政省令で定める基準に従い倉敷市火災予防条例(抜粋)で定められました。

倉敷市では,既存住宅の設置猶予期間が終了し,平成23年6月1日からすべての住宅に,住宅用火災警報器の設置が義務化となりました。

住宅用火災警報器を購入しているが、ご高齢のため、障がいがあるため、取り付けられない方などは、自宅最寄の消防署まで連絡・相談をしてください。

倉敷市消防局 予防課 086-426-1194
倉敷消防署 086-422-0119      水島消防署 086-444-1190
児島消防署 086-473-1190      玉島消防署 086-522-3515

 

家のイラスト   なぜ火災警報器を付けなければならないの?  火災に早く気づいた事例(奏功事例)
  住宅火災による死者をなくすためです。「住宅火災による死者数」は,建物  火災による死者数の約9割。さらに「住宅火災による死者」の約7割が逃げ遅れなのです。
家のイラスト   火災警報器ってどんなもの? 住宅用火災警報器の映像資料等はこちらをご覧ください
火災による煙や熱を感知して,火災の発生 を警報音や音声で知らせるものです。
家のイラスト   どこに設置するの?  火災警報器設置例はこちら(PDF)
  すべての寝室に設置が必要です。寝室が2階にある場合は,階段の上部にも必要です。3階建て以上の住宅については,消防署にお尋ねください。   火災警報器のイラスト
注意のイラスト   悪質な訪問販売等には十分注意してください!!
  消防職員のような格好で「消防署の方から来ました」などと偽り,すべての住宅に設置点検が義務付けられたなどといって販売する等。
  消防署,消防団が販売することはありません。また,業者による点検の必要はありません。説明書などで確認し,普段から自分で点検を行ってください。
倉敷市消防局 予防課
〒710-0824  倉敷市白楽町162-5
【TEL】 086-426-1194  【FAX】 086-421-1244

◆このページに記載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。