継続的な取り組み


 今後は、すべての人が快適に生活できるユニバーサルデザインのまちづくりへと発展させるため、継続的に改善していく取り組みや評価を実施します。

バリアフリー化を図る地域の拡大(新法の活用)


 本市では高齢者や身体障がい者等がよく利用する施設が、鉄道駅徒歩圏外にも立地しています。

 このため、平成18年度施行予定のバリアフリー新法に基づき、施設等を中心とした面的なバリアフリー整備を推進するなど、バリアフリー化を図る地域の拡大を目指していきます。
 
 

評価の実施


 バリアフリー整備後の評価の実施
 事業実施後に、評価を行い、整備内容をよりよいものに高めていきます。
 
 目標年次後の満足度の測定
 市民の立場に立った評価を行うため、高齢者や身体障がい者の生活環境の改善や、社会参加の機会の向上など、満足度を測定していきます。
 
 

継続的な組織の設置


 基本構想の実効性を担保するため、事業計画の進捗管理並びに事業者との協議調整を行う場として、「交通バリアフリー推進協議会(仮称)」を設置します。