策定までの経路


 本構想の策定にあたっては、学識経験者、高齢の方や身体に障がいのある方などの市民に加え、公共交通事業者(鉄道、バス等)、道路管理者、公安委員会等からなる検討委員会を設置して検討を進めるとともに、多くの市民に参加いただき、現地点検ワークショップを実施しました。

 また、パブリックコメントの募集により、市民から広くご意見をいただくとともに、高齢の方や身体に障がいのある方などが移動するうえでのバリア(障壁)を把握するために、アンケート調査も実施しました。

検討委員会、現地点検、ワークショップの様子