次世代エコハウス補助制度

倉敷市次世代エコハウス整備促進補助金制度

倉敷市では、家庭から排出される温室効果ガスを削減することを目的に、倉敷市次世代エコハウス新築等計画認定(以下「次世代エコハウス認定」という。)を受けた住宅を建築又は譲受する方を対象に、予算の範囲において補助金を交付します。

受付状況


平成29年度 予定件数 40 件 <4月1日〜受付中>

12月8日現在 補助金交付対象 36件
          平成29年度事前登録受付数 24件
          平成28年度事前登録繰越(見込み数を含む)  12件     

補助金制度について

制度に関する詳しい説明

申請に際しての注意事項

申請様式・要綱

Q&A

エコマークについて



補助制度概要

交付対象
(1)市内に倉敷市次世代エコハウス建築計画認定を受けた住宅を建築又は譲受し、
        自ら居住する方
(2)市税の滞納のない方

補助金額
 15万円/戸

倉敷市次世代エコハウスの認定基準 

(1)国の低炭素建築物新築等計画 または
建築物消費性能向上計画の認定を受けていること
(2)太陽光発電システムまたは太陽熱利用設備(強制循環型)のいずれかを設置 (3)下図のAのうち一つを導入(市が指定する仕様のもの)
平成29年度から(1)の要件として、「建築物消費性能向上計画の認定」(建築物省エネ法)が選択可能となりました。
この変更により、市街化調整区域に建築される住宅もエコハウスの認定を受けられるようになりました。
図:認定要件の説明
 

★倉敷市次世代エコハウス認定について、
詳しくはこちらをご覧ください<市建築指導課へリンク>


関連ホームページ

低炭素建築物新築等計画認定について

低炭素建築物新築等計画の認定申請様式
 
倉敷市次世代エコハウス建築計画認定について
 
倉敷市次世代エコハウス建築計画の認定申請様式
,