交通安全

新着情報

道路交通法の一部改正(平成29年3月12日施行)

道路交通法の一部改正(平成29年3月12日施行)

【自動車の運転】
■ 高齢者講習制度が変更

・75歳以上の高齢者が,信号無視など一定の違反行為をした場合の臨時認知機能検査の受検と,検査の結果,認知機能の低下が自動車運転に影響を及ぼすおそれがあると判断された場合の臨時高齢者講習の受講が義務付けられます。
・75歳以上の高齢者が,前述の臨時認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判断された場合と,免許更新時の認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判断された場合には,医師の診断が義務付けられます。

→ 医師の診断の結果,認知症と判断された場合,運転免許の取消し等の対象になります。

詳しくはこちらをご覧ください
  岡山県警察ホームページ(高齢者講習制度の変更について)

■ 準中型免許の新設

・新設された「準中型免許」は,車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満の自動車を運転できる免許で,18歳から普通免許なしでも取得できます。あわせて,普通免許で運転できる自動車は車両総重量3.5トン未満・最大積載量2トン未満となります(変更前は車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満)。ただし,平成19年6月2日から平成29年3月11日までの間に普通免許を取得された方は,準中型免許(5トン限定)とみなされ,車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満の自動車を引き続き運転することができます。さらに,限定解除審査に合格すれば,車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満の自動車が運転可能になります。

詳しくはこちらをご覧ください
 岡山県警察ホームページ(準中型免許の新設について)