文化財保護課

倉敷市のストーリーが「日本遺産」に認定されました!!

 平成29年4月28日、平成29年度「日本遺産」認定について文化庁長官から発表があり、「一輪の綿花から始まる倉敷物語  〜和と洋が織りなす繊維のまち〜 」が、認定されました。

 「日本遺産」とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて、我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として文化庁が認定するもので、平成27年度に創設されました。

 倉敷市では、昨年度策定した「倉敷市歴史文化基本構想」を踏まえ、市内の特色ある歴史や文化を物語るテーマを、「一輪の綿花から始まる倉敷物語  〜和と洋が織りなす繊維のまち〜 」として、申請を行いました。

 平成29年度は、全国からの申請件数79件の中から17件が認定され、ひとつの自治体の中でストーリーがまとめられている「地域型」としては、岡山県内で初めて認定されました。

 認定されたストーリーの概要、ストーリーを構成する文化財については、こちらをご覧ください。 →