建築指導課

木造住宅の耐震診断・耐震改修補助金の募集について

本市では、昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅の耐震診断・耐震改修をする場合に、一定の範囲で補助金を交付しています。

昨年度においては、熊本地震や鳥取県中部地震など、旧耐震基準で建てられた木造住宅が多く倒壊していました。今年度も日本各地において、地震が発生しており、ニュースでも多く取り上げられています。

このことから、住宅の耐震化が必要不可欠です。

今現在(H29.7.3)は、予算にまだ余裕がありますので、希望される方は事前に建築指導課までご連絡ください。

 

木造住宅の耐震診断(現況診断・補強計画)の補助制度

対象:昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅

補助金額:現況診断費7万円(補助金額6万円

     補強計画費7万円(補助金額6万円

木造住宅の耐震改修工事の補助制度

対象:昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅のうち、耐震診断の現況診断・補強計画した    ので、補強計画の内容に基づき耐震改修工事を行うもの。

補助金額:耐震改修工事費の50%

      補助金額上限60万円

詳しくはこちらへ