子ども参観日

児島支所で「子ども参観日」を実施しました!

 子ども参観日ってなあに??

        

    子ども参観日とは、子どもがお父さん・お母さんの職場を見学する日です。

    普段、見ることのできない

    お父さん・お母さんの働く姿や、職場の雰囲気を見学・体験することで

    親子ともに、新しい発見がたくさんあると思います。                  

                                           

    子ども参観日での新しい発見を通して

    家庭でたくさん話をしてもらい、明るい家庭が増えることを願っています。

    生涯学習課では、「家庭教育力の向上」や「明るい家庭づくり」を目的に、子ども参観日を実施しています。

  平成29年度子ども参観日を実施しました!

    平成29年8月9日(水)、児島支所で「子ども参観日」を実施しました。

    児島支所に勤務している職員の子ども2名が参加してくれました。

                                         

    【当日のプログラム】

    (1)保護者と一緒に出勤

    (2)オリエンテーション

    (3)名刺の作成、名刺交換の練習

        

    (4)保護者の職場見学&体験

          

    (5)支所内探検1:児島支所長とおはなし    支所内探検2:書庫

         

      支所内探検3:防災備蓄倉庫

      支所内探検4:公用車置き場

      支所内探検5:機会室

      支所内探検6:食堂

      支所内探検7:屋上から児島を見てみよう!

    (6)ふりかえり  

       

【参加したお子さんの感想】

 ・お母さんが、普段、どんな仕事をしているか分かって、うれしかった。

 ・お母さんの仕事を手伝えてよかった。

 ・普通、市役所へ行くだけでは、見ることのできない場所が見られて楽しかった。

 

【参加した保護者の感想】

 ・「子ども参観日」は、とても貴重な体験でした。

 ・子ども参観日に参加することで、子どもたちだけでは気づけなかったことにも気づけたようです。

 ・自分自身も、子どもに見てもらうこと、客観的に評価してもらうことで、モチベーションが上がりました。

 ・家に帰って、「お母さんは、こんな仕事をしてた!」「ぼく(わたし)も、こんなことを手伝った!」と、

  家族に報告するなど、本当に楽しく、心に残る体験となりました。 

 ・一緒に出勤し、一緒に退勤したことで、子どもたちが学童に行った後、保護者が何をしていたか、

  流れが分かったようで、家庭でいろいろなことに協力的になったように思う。

 ・職場では、上司・同僚が子どもへの関心を持って声をかけてくださったので、理解のある職場でよかった。

 ・ただ窓口の外から見学するのではなく、一緒に体験できたことで、普段保護者が何をやっているか、

  子どもがよく理解してくれたと感じた。

 ・今までは、私の仕事について漠然と捉えていたのが、具体的になっていて、

  「お母さんは、こんなところをがんばっているんだね」と言ってもらえた。

 あなたの職場でも、「子ども参観日」をやってみませんか?

 

 <子ども参観日のメリット>

 ○子どもとの          ○職場全体で、ワークライフバランスや、    ○働く姿を見てもらうことで、  

  コミュニケーションが増える    子育てについて、考えるきっかけになる    仕事に対するモチベーションが上がる

                                        

倉敷市教育委員会生涯学習課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3845  【FAX】 086-421-6018  【E-Mail】 edulife@city.kurashiki.okayama.jp

このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。メールを送信いただく際には、「パソコンからのメール拒否」や、「ドメイン拒否」などの各種設定にお気をつけください。生涯学習課からのメールが届かない場合があります。