クールくらしきアクションプラン

倉敷市地球温暖化対策審議会 第2回会議の議事録を公開しました

  • 第2回倉敷市地球温暖化対策審議会会議

 <概要>

  日時:平成29年8月18日13時30分から

  場所:倉敷市本庁舎5階 502会議室

議事録はこちら

クールくらしきアクションプラン(倉敷市地球温暖化対策実行計画(区域施策編))

本市では、市内全域から排出される温室効果ガスを総合的・計画的に削減するため、2011年2月に「クールくらしきアクションプラン(倉敷市地球温暖化対策実行計画(区域施策編))」を策定し、市民・民間団体、事業者などと連携・協力して温室効果ガス排出削減に取り組んできました。

そのような中、2011年3月に東日本大震災が発生し、計画策定当時とは地球温暖化対策やエネルギー政策に関する状況が大きく変化しました。また、2015年の「パリ協定」の採択を受けて、国でも2016年5月に「地球温暖化対策計画」が策定され、新たな削減目標が示されました。岡山県においても2017年3月に「岡山県地球温暖化防止行動計画」が改定されました。

これらのことから、本市においても国内外の地球温暖化対策やエネルギー政策の動向を踏まえるとともに、「地球温暖化対策の推進に関する法律」で求められている県の計画との整合性の確保を図るため、2018年3月に「クールくらしきアクションプラン」を改定しました。

計画の概要

計画期間

2018年度~2030年度

基準年度

2013年度

目標年度

中期目標:2030年度、長期目標:2050年度

※前計画における中期目標年度であった2020年度については、

 中期目標(2030年度)までの中間地点として位置づけます。

基本理念

低炭素技術と環境にやさしい文化で未来を創る

取組方針

4つの「クール」、1つの「ホット」、1つの「そなえ」

温室効果ガス排出量の削減目標

2030年度に2013年度比で11.6%の削減を目指します

ダウンロードファイル

概要版

クールくらしきアクションプラン(倉敷市地球温暖化対策実行計画(区域施策編))概要版(4164KB)

*冊子は地球温暖化対策室で配布しています。

本編

〈一括ダウンロード〉

クールくらしきアクションプラン(倉敷市地球温暖化対策実行計画(区域施策編))(13780KB)

〈分割ダウンロード〉

表紙(5616KB)omote

はじめに(77KB)

目次(96KB)

第1章 計画の基本的事項(621KB)

第2章 計画策定の背景(2018KB)

第3章 倉敷市の地域特性(881KB)

第4章 倉敷市の温室効果ガス排出量の現状(461KB)

第5章 温室効果ガス排出量の削減目標(518KB)

第6章 地球温暖化対策(3726KB)

第7章 計画の推進体制と進行管理(328KB)

資料編(776KB)

裏表紙(4106KB)

,,

地方公共団体実行計画

「地球温暖化対策の推進に関する法律」(温対法)に基づいて、地方公共団体は「地方公共団体実行計画」を策定することとされています。

地方公共団体は、大きく分けて2つの部分「区域施策編」と「事務事業編」から構成されています。

区域施策編

温対法第21条第3項に基づき、都道府県、指定都市及び中核市(施行時特例市を含む。)が、地球温暖化対策計画に即して、その区域の自然的社会的条件に応じて温室効果ガスの排出の抑制等を行うための施策に関する事項を定める計画です。
地方公共団体実行計画(区域施策編)は、全ての都道府県、指定都市及び中核市(施行時特例市を含む。)に策定が義務付けられています。また、地球温暖化対策計画において、その他の市町村についても策定に努めることが求められています。

 →倉敷市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)「クールくらしきアクションプラン」

事務事業編

温対法第21条第1項に基づき、都道府県及び市町村が、国の「地球温暖化対策計画」(平成28年5月13日閣議決定)に即して、当該都道府県及び市町村の事務及び事業に関し、温室効果ガスの排出の量の削減並びに吸収作用の保全及び強化のための措置に関する計画です。
地方公共団体実行計画(事務事業編)は、全ての都道府県及び市町村に策定が義務付けられています。また、特別区、一部事務組合及び広域連合も、地方自治法に基づき、温対法第21条が準用されるため、地方公共団体実行計画(事務事業編)の策定が義務付けられています。

 →倉敷市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

倉敷市地球温暖化対策審議会について

温室効果ガスの排出抑制にかかる取組内容を協議し、地域が一体となって温暖化対策の実践を支援する組織として、「倉敷市地球温暖化対策審議会」を設置しています。

市民・事業者・行政・学識経験者等で構成されており、温室効果ガス排出量算出や施策の実施状況等の点検等を行い、本市における低炭素社会の実現に向けた機運をより一層高めるとともに、温暖化対策の推進に関する提言を行うものです。

suishintaisei

▲推進体制

※詳細はこちら→倉敷市地球温暖化対策審議会