展覧会

2018/05/06

倉敷市立美術館 コレクション展 池田遙邨展

池田遙邨展ちらし

コレクション展

池田遙邨展

ー風景へのまなざし

2018年3月17日(土)~5月6日(日)

休館日:
月曜日(ただし4月30日(月)は開館、5月1日(火)は休館)
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館2階 第2展示室
観覧料:
◆一般210円(150円)
◆高大生100円(70円)
◆小中生50円(30円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、心身障がい者の方とその介護者1名は無料
※戦後の造形展、洋画名作選もご覧いただけます。

主催:
倉敷市教育委員会

資料:
池田遙邨展ー風景へのまなざし 出品目録(PDFファイル)

自然を愛した日本画家・池田遙邨は「旅をして本当に見たときの感動を絵にしたい」と、日本各地を精力的に写生してまわりました。晩年には旅に出る機会も少なくなりましたが、これが制作に際しての終生変わらぬ思いでした。しかし、完成した作品で描いた場所がわかるものは多くありません。何枚もの写生から得た自然の力強さや、自分の心の中で育んだイメージを作品としたのでしょう。
このたびの展覧会では、当館のコレクションで初期の作品から晩年の山頭火シリーズまで、遙邨の風景へのまなざしの移り変わりをたどります。あわせて旅先での写生帖やスケッチなども展示して、遙邨の制作の過程もご紹介します。季節感にあふれ、おおらかな作風の中にも小さな生き物や花々にもこまやかな視線をむけた、遙邨の風景画をお楽しみください。

開催中の催し

担当学芸員によるギャラリートーク
日時:3月24日(土)、4月15日(日)、4月28日(土) 14時~(約30分間)
場所:美術館2階 第2展示室
※当日の観覧券が必要です
「鴉鳴いてわたしも一人 山頭火」1988年

「鴉鳴いてわたしも一人 山頭火」1988年

「野みち」1969年

「野みち」1969年

「富岳十景」より烏帽子山中 新粧 1930年頃

「富岳十景」より〈烏帽子山中 新粧 〉1930年頃


〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)