5.保険料の納付

保険料の納付(特別徴収を除く)



・保険料は、毎年4月から翌年3月までの1年分を6月から10回で納付します。
・納期は各月の1日~末日(ただし第7期は12月1日~25日)です。
・各納期の末日が金融機関休業日のときは、翌営業日となります。
 なお、新たに加入の届出をした人は、届出をした翌月の納期限から納めます。

 

平成29年度国民健康保険料の納期限

1期 (6月) 平成29年6月30日 6期  (11月) 平成29年11月30日
2期 (7月) 平成29年7月31日 7期  (12月) 平成29年12月25日
3期 (8月) 平成29年8月31日  8期  (1月) 平成30年1月31日
4期 (9月) 平成29年10月2日 9期  (2月) 平成30年2月28日
5期 (10月) 平成29年10月31日 10期   (3月) 平成30年4月2日
※ 納期限を過ぎると延滞金がかかることがあります


保険料の納付は口座振替のご利用を!



一度手続きをすれば、指定の口座から自動的に振替られますので、
納め忘れがありません。
保険料の納付は、便利で確実な口座振替を利用しましょう。

口座振替についてはこちら


特別徴収(年金からの保険料天引き)


受給している年金から、直接、保険料を納めていただく制度です。

 ○毎年10月から特別徴収開始となります。

 ○特別徴収となる世帯へは、毎年6月にお送りする納入通知書に同封する
  通知書において、特別徴収する金額等をお知らせしています

 ○対象者   被保険者全員65歳以上75歳未満の国保世帯であって
        世帯主(職場の健康保険を持っている方は除く)が
        年額18万円以上の年金を受給

 ○対象とならない場合
   ・10月に特別徴収する国民健康保険料と介護保険料の合算額が、
    対象年金の年額の1/2を超えるとき
 
 ○年金からの天引きが年度の途中で中止となる場合
   ・保険料を口座振替で納付しているとき
   ・保険料が減額となったとき
   ・6月に保険料年額を一括して納めたとき
   ・年度途中で75歳になるとき(その年度の4月から停止。納付書で納めていただきます。)

特別な理由もなく保険料を滞納すると・・・


 次のような措置が取られます

 1.督促を受けたり、延滞金が加算される場合があります。

 2.有効期限が短い「短期被保険者証」が交付される場合があります。

 3.保険証を返すことになり、「被保険者資格証明書」の交付を受けます。
   (この場合、かかった医療費はいったん全額自己負担となります。)
  
 4.国保の給付の全部又は一部が差し止められます。

 5.更に滞納が続くと、国保の給付(療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費など)
  の費用の全部又は一部が滞納保険料にあてられます。

※ 上記の措置のほか財産の差押などの滞納処分を行う場合があります。

● 災害などにより保険料の納付が困難なときはお早めに国保の窓口をご相談ください。
倉敷市 国民健康保険課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3281  【FAX】 086-427-4086  【E-Mail】 hltins@city.kurashiki.okayama.jp