松くい虫防除事業

          松くい虫防除事業

   樹幹注入

樹幹注入とは,松の木の幹に殺(抗)線虫剤を注入する事業です。

松に薬剤を注入することで,松枯れの原因となるマツノザイセンチュウという生物の侵入・増殖を防ぐことができます。


樹幹


   「おかやま森づくり県民税」を活用した鷲羽山の松林保全事業

倉敷市では平成28年度に「おかやま森づくり県民税」を利用し,観光地である鷲羽山周辺の松を保全する「樹幹注入」事業を下記のとおり行いました。

平成28年度事業実績
  事業量   松 393本 (薬剤 1,824本)
  事業費   5,515,776円 
        (県補助金(県民税) 2,588,000円, 市費 2,927,776円)
  工  期   平成28年11月21日 ~ 平成29年2月28日


平成29年度も鷲羽山周辺の松に同事業を実施する予定ですので,今後とも「おかやま森づくり県民税」に対する皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

平成29年度事業予定
  工  期   平成29年12月1日 ~ 平成30年2月28日


≪産業課のページに関する問い合わせ先≫

倉敷市児島支所産業課
〒711-8565 倉敷市児島小川町3681‐3
【TEL】086-473-1115   【E-Mail】indst-kj@city.kurashiki.okayama.jp