労働政策課

人材採用力向上セミナーの受講申し込みについて

市内企業が取り組む「ポジティブ・アクション」の好事例を紹介します

 意欲のある女性が働きやすい環境を整え社会進出を促すことは,今後労働力の減少が見込まれる日本にとって大変重要な取り組みです。各企業が男女間格差の解消に向けた「ポジティブ・アクション」(※)を実践するにあたり,その導入事例を学ぶことは大きなヒントになると考えます。
 そのため,市内企業の特に優れた取り組みとして表彰された事例を,いくつかご紹介します。

icon_symbol 
「きらら」
(シンボルマーク)

 )「ポジティブ・アクション」とは?

固定的な男女の役割分担意識や過去の経緯から,

・営業職に女性はほとんどいない
・課長以上の管理職は男性が大半を占めている
等の差が男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、個々の企業が行う自主的かつ積極的な取組のことです。


企業名 

 所在地

備 考

 1  株式会社ヤマダ 倉敷市連島1丁目  H23年度「岡山労働局長奨励賞」
 2  倉敷化工株式会社 倉敷市連島町矢柄   H25年度「岡山労働局長優良賞」
 3  中谷興運株式会社 倉敷市水島海岸通  H22年度「岡山労働局長優良賞」
 4  金光薬品株式会社 倉敷市鶴形  H21年度「岡山労働局長奨励賞」
※企業名をクリックすると,各取り組みのページに移ります。
※上記「備考欄」は,岡山県労働局が毎年度実施する「均等・両立推進企業表彰/均等推進企業部門」の受賞歴です。
 

※参考:その他の取り組み事例

 icon_pdf  「岡山県内のポジティブ・アクションの取組事例」
 (岡山労働局雇用環境・均等室)/(PDF:5.6MB)
 icon_www  「ポジティブ・アクション事例・企業検索サイト」
 (厚生労働省)

 
倉敷市 労働政策課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3415  【FAX】 086-421-0121  【E-Mail】 lbrpol@city.kurashiki.okayama.jp