健康づくり課

11月はSIDS(乳幼児突然死症候群)対策強化月間です。

あかちゃん睡眠中の赤ちゃんの死亡を減らしましょうあかちゃん
 睡眠中に赤ちゃんが死亡する原因には、乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)という病気のほか、窒息などによる事故があります。

 

はな  乳幼児突然死症候群(SIDS)とは?
 SIDSとは、それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死亡する病気です。日本では、6000人~7000人に1人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっていると推定されています。生後2か月から6か月に多く、まれに1歳以上でも発症することがあります。原因はまだ分かっていませんが、次の3のポイントを守ることで、SIDSの発症率が低くなるというデータがあります。
はな 3つのポイント
  

1 1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせましょう

 SIDSは、うつぶせ、あおむけのどちらでも発症しますが、寝かせる時にうつぶせに寝かせたときのほうがSIDSの発症率が高いということが研究者の調査から分かっています。医学上の理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。この取組は、睡眠中の窒息事故を防ぐ上でも有効です。

 2 できるだけ母乳で育てましょう

   母乳育児が赤ちゃんにとっていろいろな点で良いことはよく知られています。母乳で育てられている赤ちゃんの方がSIDSの発症率が低いことが研究者の調査からわかっています。できるだけ母乳育児にトライしましょう。

 
  3 たばこをやめましょう
 たばこはSIDS発症の大きな危険因子です。妊娠中の喫煙はおなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。妊婦自身の喫煙はもちろんのこと、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙はやめましょう。これは、身近な人の理解も大切ですので、日頃から喫煙者に協力を求めましょう。


 
11月は乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間です。
 妊婦さんや赤ちゃんのいるご家庭は上記の3つのポイントについて、この機会に見直してみましょう。

厚生労働省作成SIDS対策強化月間リーフレットはこちらからダウンロードできます
 やじるし
リーフレット(PDF形式)
 

 ⇒ 厚生労働省へのリンク

健康づくり課の業務紹介 

倉敷保健推進室【434-9822】 hltcvc@city.kurashiki.okayama.jp


母子保健
 ● おやこ健康手帳交付
 ● 妊婦面接
 ● 子育てはじめの一歩教室
 ● 育児相談
 ● 1歳6ヶ月児及び3歳児健康診査

 ● 母子健康包括支援センターの運営
成人(老人)保健
 ● 健康手帳の交付
 ● 健康教育(健康講座,講演会等)
 ● 健康相談
 ● 健康診査(がん検診等)の受付・窓口
 ● 胸部・胃レントゲン検診(検診車)
組織育成支援
 ● 愛育委員会
 ● 栄養改善協議会
 ● 親子クラブ

健康増進センター【434-9866】 hlthlt@city.kurashiki.okayama.jp

 
 ● 各種健診の企画・調整・評価
 ● 各種成人の健康診査に関すること     
 ● 各種健診後の保健指導(特定保健指導等)
 ● 健診結果等健診のデータ分析・評価
 ● がん又は生活習慣病の予防に関すること

食育推進係【434-9868】 syokuiku@city.kurashiki.okayama.jp


食育の推進
 ● 食育推進に関する企画・調整・実施評価
 ● 食育ホームページの作成・更新
栄養指導
 ● 栄養相談(糖尿病・脂質異常症・食物アレルギーなど)
 ● 栄養教室       
 ● 特定給食施設指導
 ● 離乳食教室
組織育成支援
 ● 市栄養改善協議会

健康管理係【434-9820】 hlthlt@city.kurashiki.okayama.jp


母子保健
 ● 母子保健事業の企画及び調整 
 ● 特定不妊治療助成金の給付
歯科保健
 ● 2歳児歯科健康診査
 ● 歯科健康教育及び相談
 ● 訪問指導
 ● ねたきり者等歯科訪問健康診査
 ● 子どものための歯の教室
成人(老人)保健
 ● 成人保健事業の企画及び調整
 ● 介護予防事業の企画
 ● 「健康くらしき21」の推進
組織育成支援
 ● 市愛育委員会連合会
 ● 市親子クラブネットワーク