展覧会

2015/05/08

倉敷市立美術館 展覧会「倉敷市立美術館収蔵作品展 前期(洋画・工芸)」開催します!

image

倉敷市立美術館新収蔵作品展 前期(洋画・工芸)

2015年4月4日(土)~5月31日(日)

休館日:
月曜日(5月4日を除く),5月7日
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
2階第2展示室
観覧料:
◆一 般:210円(150円)
◆高大生:100円(70円)
◆小中生:50円 (30円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを展示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、心身障がい者とその介護者1名は無料
※「色!いろいろ!!―コレクションの楽しみ方―」と共通料金
主催:
倉敷市教育委員会

資料:
倉敷市立美術館新収蔵作品展 前期(洋画・工芸) 出品目録(PDFファイル)

 倉敷市立美術館では、郷土にゆかりの深い作家たちの作品を中心に近・現代の美術の流れを展望できるコレクションづくりをめざして収集活動を行っています。平成26年度には、初めて収蔵することとなった日本画の狩野永朝や吉嗣拝山、入江之介ら、また陶芸では岡本静太郎や岡本欣三、岡本章ら、あわせて60点にものぼる多くの作品の寄贈を受けました。そのため、このたびの展覧会は、会期を前・後期の2期に分け、前期では洋画と工芸を、後期では日本画[会期:6月6日(土)~6月21日(日)、7月14日(火)~8月9日(日)]を紹介いたします。
 なかでも、「念仏講」など5点の斎藤真一作品は、瞽女シリーズを発表する40歳代から50歳代にかけてのもので、作家の充実した仕事ぶりがうかがえます。このほかにも平賀石泉の木工芸作品等も展示いたします。
 平成26年度に新たに当館のコレクションに加わった郷土作家の多彩な表現をお楽しみください。

開催中の催し

担当学芸員によるギャラリー・トーク

終了しました。

 4月19日(日) 、5月17日(日)
 14時~
image

斎藤真一「星・陽・風・雪」1978年

image

岡本欣三「玳玻盞天目花瓶」1993年

image

平賀石泉「四君子図炭取」1937年


〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)