展覧会

2016/03/04

倉敷市立美術館 展覧会「コレクション展―新収蔵作品を中心に―」開催します

image

倉敷市立美術館 コレクション展―新収蔵作品を中心に―

2016年3月18日(金)~4月24日(日)、2016年4月29日(金)~5月29日(日)

休館日:
月曜日(3月21日を除く)、3月22日
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
倉敷市立美術館 2階 第3展示室
観覧料:
◆一 般:210円(150円)
◆高大生:100円(70円)
◆小中生:50円 (30円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを展示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、心身障がい者とその介護者1名は無料
※4月24日(日)まで「日本画に見る花鳥・人物・山水」展もご覧いただけます。
主催:
倉敷市教育委員会

 倉敷市立美術館では、郷土にゆかりの深い作家たちの作品を中心に、近・現代の美術の流れを展望できるコレクションづくりをめざして収集活動を行っています。
 このたびの展覧会では、平成27年度の新収蔵作品を中心に展示します。
 太平洋画会研究所で満谷国四郎に師事した洋画家の三宅円平や、濱田庄司らの民芸運動に触発されて自らの窯を築いた酒津焼の陶芸家・岡本蕭一、磯井如真のもとで技法の研さんを積んだ漆芸家の山本象石は、初めての所蔵となる作家です。このほかに日本画家の池田道夫、洋画家の松原三五郎の作品や池田遙邨の手紙や葉書などあわせて11件を新たに収蔵しました。
 本展では、これらの作品とともに、洋画家の佐藤一章、日本画家の金谷朱尾子らの作品を紹介します。郷土作家の多彩な表現をお楽しみください。

開催中の催し

担当学芸員によるギャラリートーク

終了しました。

4月17日(日)
5月7日(土)
14時~
image

池田道夫「Untitled,2015」2015年

image

三宅円平「父の肖像」1923年

image

山本象石「蒟醤草ノ花文色紙筥」1951年


〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)