社会資本整備総合交付金について

○ 社会資本整備総合交付金制度について

 社会資本整備総合交付金制度は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に一括し、地方公共団体にとって自由度が高く創意工夫を生かせる総合的な交付金として、平成22年度に創設された制度です。



○ 社会資本総合整備事業について

 交付の対象となる事業は、地域の課題に対応して、一定の地域で一体的に行われる必要のある複数の事業により構成される事業です。これをパッケージと呼びます。

・地域の課題とは

 都市内の道路渋滞の緩和

 地域の総合病院へのアクセス改善

 高速道路のインターチェンジへのアクセス改善

 市町村合併に伴い必要となる道路

など、地域の身近な課題です。

パッケージのイメージ ←ここをクリック



○ 目標達成型のパッケージの設定について



・目標達成型とは

 目標達成型では、パッケージは自由に設定できます。

 目標達成に必要な要素事業に要する費用をパッケージごとに配分して事後的に評価する方法です。

 目標達成型では、事業費の下限値などの事業規模用件はありませんが、パッケージごとに成果目標を設定するとともに、パッケージ全体のB/Cを算出し、地方公共団体において公表します。なお、中間年度及び事業完了後の成果目標の達成状況を評価し、その結果を公表します。

 国はパッケージに対して交付金を配分し、要素事業への個々の配分は地方公共団体の裁量において実施することができます。

・成果(アウトカム)目標とは

 市民の何がどのように改善されるかという、成果(アウトカム)を適切に表現した目標。

・B/Cとは

 事業に要する費用(Cost)と事業により得られる便益(Benefit)を比較することによって、事業の妥当性を評価する。



○ 倉敷市のパッケージについて



 倉敷市では、第7次倉敷市都市計画道路網整備五ヵ年計画に基づいて、街路事業・道路事業において、それぞれ1つずつのパッケージを設定しています。

 そして、パッケージごとに成果(アウトカム)目標を設定し、パッケージ全体のB/Cを算出し、公表しています。

 次の表の整備計画(成果(アウトカム)目標・B/C)及び位置図をクリックしていただければ、整備計画及び位置図が表示されます。

事業種別

パッケージの目的

整備計画

位置図

備考

道路事業

 新倉敷市の各地域間の人やものの交流や連携の強化

 整備計画

位置図

 位置図については、事業中の路線を表示しています。


・街路事業とは

 市内の市街化区域内の既成市街地及び既成市街地周辺における、都市計画道路を整備する事業です。 

・道路事業とは

 街路事業の区域外の都市計画道路及び市内全域の市道を整備する事業です。


○ 道路事業の中間評価について

○ 道路事業の事後評価について

 

◆お問合せ先◆

倉敷市役所 建設局 土木部 街路課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 本庁舎6階 【TEL】 086-426-3541  【FAX】 086-434-6665  【E-Mail】 cstr@city.kurashiki.okayama.jp