姉妹都市協会夕食会

姉妹都市協会夕食会

姉妹都市協会夕食会が行われました

カンザスシティ市(ミズーリ州)では、去る10月27日(土)に、カンザスシティ市姉妹都市協会主催による夕食会が実施されました。

この夕食会は、カンザスシティ市姉妹都の提携周年記念を祝うもので、提携35周年を迎えた倉敷市(日本)と、提携40周年を迎えたセビル市(スペイン)に関係のある皆さんが、スターライトシアターに集まり、周年記念を祝い、夕食や、舞台で披露されたアクティビティを堪能しました。

倉敷市姉妹都市協会、JAS(中部日米協会)、さらに若葉会等、倉敷市や日本と馴染みの深い人をはじめ、総勢240名もの人が、スターライトシアターに集まりました。

また、スターライトシアターの舞台では、オレーサ高校の学生による“気太鼓”の演奏やジョー・山中氏と彼の率いるJバンドの演奏、さらに山中ヨシコさんの日本舞踊や佐藤マサコさんによるダンス、森田チヒロさんによる竹笛の演奏が行われました。

また、会場では、倉敷市との姉妹都市提携35周年式典に出席した人全員に、“熱燗”が振舞われました。

~この酒は、今年夏、「くらしきウィーク2007 in Kansas City」 開催時に、倉敷市からいただいたものです。 銘柄は、もちろんくらしきブランド「荒走り」!!!

この席で、ミヨ・ワーグナーさんとティム・ワーグナー氏に、マーク・ファンクハウザー市長署名の姉妹都市提携35周年記念「宣言書」が渡されました。

知った顔が、ここそこに・・・!