ランカレポートVol.6

スマートフォン用ツール
ランカレポートVol.6

原田さんタイトル

「自分の生活だけでなく、遠くに、でもこの地 球上に居る他の人々のことに想いを馳せることができたら、それが国際協力の“初めの一歩” 。」

原田さんってどんなひと?

山頂にある、参拝した回数だけ鳴らす鐘

質問14
チャームポイントは?
答え
印象的な出来事を語る時の凄まじい描写
質問15
好きな色は?(そのイメージを教えてください)
答え
昔っから黄色と橙色が好きです。
黄色には危なっかしいイメージ、橙色には夕焼けの雄大であたたかいイメージがあります。
質問16
苦手なことは何ですか?
答え
上手にウソをつくこと
質問17
得意なことは何ですか?(特技でも)
答え
概ね、なんでも食べることができる。
大概、どこでも寝ることができる。くよくよ悩むが結局、忘れ去ることができる。


オレンジライン

山頂の寺院と祈りを捧げる人々

今回はランカ随一の聖地とそれにまつわるJOCVの行事についてご紹介しようと思います。

仏教徒にとってだけでなく、キリスト教徒、ヒンドゥ教徒、イスラム教徒それぞれにとっての聖地であるSri Padaスリー・パーダ(Adam’s Peakアダムス ピーク)。この山は標高2,238m。ランカ国内で2番目に高い山です。

私たちJOCVは毎年年末にスリー・パーダに登り、ご来光を拝むという旅を企画します。希望者は12月31日にColombo(コロンボ)に集合、バスで出発し、夕方には登山口に近い日本山妙法寺というお寺に到着します。台所をお借りして夕食を作り、みんなで食べ、各々休憩・仮眠をとって23時30分頃、本堂に集まります。そこでお坊さんのお話を聞き、除夜の鐘を参加者全員で撞きます。そして再度、仮眠をとってから未明に出発です。

日本山妙法寺

〔写真左〕日本山妙法寺
〔写真右〕日本山妙法寺から望むスリー・パーダの山容


それぞれの脚力に合わせて時間差で出発します。登山道は何本かあるのですが、このコースであれば平均2~3時間で頂上に辿り着くことができます。その行程のほとんどは階段です。巡礼の時期には灯りがあるのですが、足元が暗い個所もあるので充分に用心しなければなりません。また、途中には休憩する場所やトイレ、軽食を食べたり温かい紅茶を飲むことができたりするお店がいくつもあります。

私は2008年、このJOCV企画の旅にレクリエーション委員の一員として参加しました。世話役といっても参加者みんな協力してくれるので特別困ることもなく、役割を果たすことができました。それでも全員がケガなく、無事に帰宅できるまで安心はできませんでした。

2009年には別の登山道から登る旅に参加、有志9人が集まりました。委員の仕事は1年で交代なので私の義務!?はなくなっており、険しいことで有名な登山道から登ってみたいと思ったのです。こちらのコースでは、仮眠を含め10時間前後で頂上に達することができると言われています。

前年は頂上の気温が低く…と言っても、10~15度程度だったのではないかと思います。ランカの気候、しかも私の任地は標高が低くドライゾーンに位置しており、その蒸し暑さに慣れてしまった私には久しぶりに感じる強烈な寒さでした。貴重な感覚を呼び覚まされた気もしましたが、冷たい強風の中で震えながら夜明けを待つ時間がどんなに長く感じられたことか。

その後、素晴らしい夜明けを目の当たりにした感動と、山頂の独特な雰囲気に包まれて迎える新年は格別に記憶に残るものとなりました。


近づく夜明け

〔写真〕近づく夜明け


前年の経験から相当の覚悟をもって山頂に向かった2009年。この日は気温が高めで無風状態。用意した厚手の上着が無用の長物となってしまいました。また、空には厚い雲が垂れこめ、ご来光は雲の隙間から拝むことになりました。


2009年ご来光

〔写真〕ご来光


太陽が昇り始めてからしばらくすると・・・運が良ければスリー・パーダの影を見ることができます。数分から10分程度、美しい三角の山影が目の前に現れます。今年は雲が多く、影が現れないのではと心配しましたが、写真の通りです。幻想的な情景を脳裏に焼き付けることができました。と言うのも。私は昨年、この影=裏スリー・パーダを見るのを忘れて下山してしまったので、どうしてもこの目で見ておきたかったのです。


スリーパーダの影

〔写真〕スリー・パーダの影


宗教を超えて信仰の対象となっている聖地スリー・パーダ。その参道はご多分に洩れずゴミだらけです。私たちJOCVはゴミを拾いながら下山しますが、そんな外国人の私たちを眺める人々の反応は様々です。複雑な思いを抱いてしまいますが、中にはゴミ拾いを手伝ってくれる子どもたち、親子、若者たち、年配の方々がいます。いつの日か、ゴミのない聖地になる時・・・町に溢れるゴミも減っているのではないかと思います。