展覧会

展覧会年間スケジュール

●料金の記載のないものはすべてコレクション展料金です

コレクション展 人を描く-人のすがたと暮らしを捉えた絵画-展

2022年3月19日(土)~5月15(日)

児島虎次郎「三橋玉見像」、満谷国四郎「もたるる裸婦」、河原修平「雪の窓」など人を描いた作品を、肖像画、裸体画、風俗画の三つの分野に分けて展示。

第77回 春の院展 倉敷展

2022年7月2日(土)~7月10日(日) *特別展料金

日本美術院同人をはじめ岡山県内の入選者の作品を展示。倉敷市文化振興財団、山陽新聞社と共催。

コレクション展 -池田遙邨名作展-

2022年7月23日(土)~10月10日(月・祝)

当館コレクションより「礎石幻想」など日本画家・池田遙邨の名作を展示。

特別展 恐竜美術展-恐竜が美術館にやってきた!?-

2022年7月23日(土)~8月28日(日) *特別展料金

倉敷市在住の溶接アーティスト・NOBUOが、鉄板から切り出したパーツを溶接で組み合わせて制作した肉食恐竜のタルボサウルス、草食恐竜のプロトケラトプス、海に生息していたモササウルスなどの骨格を展示。

特別展 東郷青児と斎藤真一 それぞれの女性像(仮称)

2022年10月22日(土)~12月18日(日) *特別展料金

柔らかな色調と優美な女性像で知られる東郷青児、哀感漂う盲目の女性旅芸人瞽女を描いた斎藤真一。本展ではSOMPO美術館が所蔵する東郷青児と当館が所蔵する斎藤真一の作品により、それぞれの女性像の魅力を紹介。

コレクション展 新収蔵作品を中心に

2022年1月5日(木)~3月12日(日)

令和3年度に、新たに収蔵した日本画家・池田遙邨の写生帖や陶芸家・小河原勝康、小河原虎吉、洋画家・能登靖幸らの作品を中心に展示。

倉敷美術展

2023年1月5日(木)~1月15日(日) *観覧無料

市内で活躍する画家、彫刻家、工芸家たちの作品を紹介。

倉敷っ子なかよし作品展

2023年1月24日(火)~1月29日(日) *観覧無料

市内の小中学校の特別支援学級や特別支援学校の児童・生徒が制作した作品を展示。

倉敷っ子美術展

2023年2月3日(金)~2月19日(日) *観覧無料

市内の小中学校の児童・生徒たちの作品を一堂に展示。

〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)