平成23年度事業

平成23年度事業

平成23年度 多国籍の花咲く!まちづくり推進事業

多国籍の花咲く!まちづくり推進事業 チラシ

平成23年度倉敷市市民企画提案事業として、多文化共生まちづくり倉敷の会(※)と倉敷市国際課が、協働で多文化共生推進事業を実施しました。

<事業概要>

外国人市民が地域社会にとけ込み、安全かつ安心して暮らせる仕組みづくりを支援するとともに、日本人市民とともに地域づくりを行う多文化共生のまちづくりを推進します。

<事業の内容>

※〔多文化共生まちづくり倉敷の会〕 とは?
Kurashiki Cross-cultural Community Association (KCCA)
倉敷市を中心とした多文化共生のまちづくりを目的として2010年3月に結成されたグループです。
現在は活動を休止しています。


多文化共生の普及・啓発(多国籍応援団)

多国籍メンバーで編成された応援団として、倉敷市内外のイベントに参加し、「多文化共生」を市民に知ってもらう活動をしました。応援団員はおそろいの学生服やユニフォームを着て、日本の伝統的なスタイルで応援しました。

2011年度に参加したイベント

5.SOJA INTERNATIONAL FESTA
日時:2011年12月18(日曜日)10時~15時 
場所:総社市カミガツジプラザ
報告:
岡山県下でも特に多くのブラジル人が暮らしている総社市から出演のお誘いがあり、ありがたく参加させていただきました。総社市は多文化共生のまちづくりに力を注いでおり、多国籍応援団が目的とする多文化共生の普及・啓発と目指すところは同じです。ベンソン団長をはじめとする5カ国12名の団員は、寒さを吹き飛ばすぐらいの気合いを込めて、総社の国際交流イベントの成功を期して応援のメッセージを送りました。そして今回も東日本大震災で被災された方々にもエールを送りました。「がんばろう、日本!」
 

写真:SOJA INTERNATIONAL FESTAを応援
SOJA INTERNATIONAL FESTAを応援

4.倉敷国際ふれあい広場2011
日時:2011年10月16日(日曜日)10時~16時 
場所:倉敷市芸文館北広場
報告:
倉敷随一のインターナショナル祭りに多国籍応援団が満を持して登場。ジョニー団長をはじめとする5カ国12名の団員が、様々な国から集まったイベントの参加者や関係者を前に、このイベントの成功を期して応援のメッセージを送りました。そして今回も東日本大震災で被災された方々にもエールを送りました。「がんばろう、日本!」
 

写真:倉敷国際ふれあい広場を応援
倉敷国際ふれあい広場を応援

3.2011秋のせんい児島瀬戸大橋まつり
日時:2011年10月2日(日曜日)9時~17時 
場所:児島ボートレース場 おまつり広場ステージ
報告:
多国籍応援団は11時30分頃にステージに登場。ベンソン団長をはじめとする11名の団員が、声高らかに繊維の街・児島を応援しました。今回は東日本大震災で被災された方々にもエールを送りました。「がんばろう、日本!」
 

写真:繊維の街・児島を応援
繊維の街・児島を応援

2.第41回倉敷天領夏祭り

KCCAロゴ

日時:2011年7月23日(土曜日)17時~21時 
場所:倉敷駅前中央通り
報告:
多文化共生まちづくり倉敷の会(KCCA)としてOH!代官ばやし踊りに参加しました。学ランを着たKCCA岡会長を先頭に、多国籍応援団、KCCAメンバとその家族・友人、協働相手の倉敷市国際課スタッフによる5カ国24名のチームが、そろいのTシャツ、腕章、ハチマキ、手袋姿で、倉敷中央通りを踊り歩きました。

今回、KCCAのユニフォームとしてみんなが着ていたTシャツには、多文化共生をイメージして作ったロゴがデザインされています。これからもKCCA・多国籍応援団は、このロゴが示すような多文化共生社会を推進していきます!

写真:OH!代官ばやし踊り
OH!代官ばやし踊り

1.第8回フィリピン日本フレンドシップデイ

日時:2011年5月15日(日曜日)10時~15時 
場所:倉敷アイビースクエア中庭広場
報告:
多国籍応援団は10時30分頃にステージに登場。ジョニー団長をはじめとする11名の団員が、声高らかに岡山倉敷フィリピーノサークル(OKPC)を応援しました。今回は東日本大震災で被災された方々にもエールを送りました。「がんばろう、日本!」
 

写真:OKPCを応援
OKPCを応援


防災研修会

消火器体験

市の防災体制について学ぶとともに、防災センターでの地震体験や屋外での消火器操作、消防車の見学といった体験型の研修会を開催しました。

日時: 2011年11月27日(日)13時から15時
場所: 倉敷消防署
報告:
 中国、フィリピン、ブラジルなど4カ国30名の方が参加されました。
 最初に、倉敷市防災危機管理室と倉敷消防署の職員より、災害時の注意点や119番のかけ方の指導を受けました。そして防災センターで関東大震災規模の地震を体験し、消火器操作方法を教わりました。その後屋外で実際に消火器を扱い、最後は日本で一番長いはしご車に乗せていただき、50メートルの高さを体験しました。
 参加者は皆楽しく防災について学ぶことができました。


多文化交流会

プレゼント交換

ポットラックパーティ形式で参加者が自国の家庭料理や飲料を持ち寄り、楽しく交流しました。

日時: 2011年12月18日(日)16時から19時
場所: 倉敷労働会館
報告:
 フィリピン、中国、ブラジル、ニュージーランドなど5カ国50名の方が参加されました。
 参加者は様々な国の料理を楽しみながら、クリスマスにちなんだクイズやゲーム、プレゼント交換等で交流を深めました。団体参加の岡山・倉敷フィリピーノサークル(OKPC)のメンバは、即興でダンスを踊ったり、自慢の歌声やサックス演奏を披露。その芸達者ぶりに会場から感嘆の声がしきり。
 子どもから大人まで皆が楽しく交流することができました。



多国籍の花咲く!まちづくり講座

写真:多国籍の花咲く!まちづくり講座

倉敷市在住の外国人と日本人市民がいっしょになって、「多文化共生」を語り、学び合いました。

日時: 2012年2月26日(日曜日)13時から17時
場所: 倉敷市文化交流会館3階
報告:
 フィリピン、中国、ベトナム、チェコ、アメリカ、ニュージーランドなど7カ国37名の方が参加されました。参加者はみな世界各国の民族衣装を着て、会場は「多文化」共生の雰囲気に満ち満ちていました。
 茶話会・各国ゲームで打ち解けた後は、かながわ開発教育センター事務局長の木下理仁がファシリテーターとなって、多国籍なワークショップを行いました。「読めないお知らせ」ワークショップでは、グループに分かれて、どうすれば日本語が読めない人に伝えたいことを伝えられるかを考え、発表しました。休憩中には多国籍応援団も登場し、そのパフォーマンスで会場は大盛り上がり。
 いろいろな文化、国籍を持つ人が集まり、ともに知恵を出し、語り合ったこの講座では、私たちが目指す「多文化共生社会」を凝縮して体験することができました。講座の様子を写真報告書でご覧下さい。

多国籍の花咲く!まちづくり講座 実施報告