平成24年度友好の翼訪中団

スマートフォン用ツール
平成24年度友好の翼訪中団

平成24年度倉敷市少年少女友好の翼訪中団 レポート

日中の国旗の写真 【派遣期間】平成24年8月6日(月曜日)~8月11日(土曜日) 6日間
 【派遣先】鎮江市・北京市
 【派遣人数】21名(小学5・6年生16名、引率者5名)
 【派遣目的】鎮江市で実施するホームビジット体験や少年宮での交流会などの行事を通じて,国際社会にふさわしい人材を育成するとともに,友好都市交流の推進を図る。


8月6日(月曜日) 友好の翼訪中団、全員元気に出発!!
早朝:
倉敷市役所で出発式。
保護者,市の職員や倉敷市日中友好協会関係者に見守られる中,松香副団長が出発にあたっての決意表明を行い,全員元気に出発しました。
出発式
松香副団長あいさつ

 

 
夕刻:
鎮江市内のレストラン(鎮江宴春酒桜)で夕食。
ホテル到着
夕食1
夕食2

 

 
8月7日(火曜日) 鎮江市内視察&ホームビジット
午前:
鎮江市内にある金山寺・千年古街・鎮江博物館などを視察しました。
日本とは違う建物や街の様子に団員たちも文化の違いを感じたようです。
金山寺では,高い塔に登り,鎮江市の素晴らしい景色を一望することができました。
金山寺1
金山寺2
古街1
古街2
鎮江博物館1
鎮江博物館2

 

午後:
鎮江市少年宮でホストファミリーと対面しました
その後,2グループに分かれてホストファミリーと一緒に昼食,ぶどう狩り,プールなどを楽しみました。
プレゼント交換をしたり,連絡先を教え合ったりするなど中国の新しい友達と積極的に交流しました。
ホームビジットを終え,鎮江市少年宮で明日の交流会本番に向けて最後の演目練習をしました。
ホストファミリー対面式
ホストファミリーと記念撮影1
ホストファミリーと記念撮影2
ホストファミリーと昼食
ホストファミリーとぶどう狩り体験
交流会演目練習

 

夕刻:
市内のレストランで夕食を食べてホテルへ戻りました。
団員にとって充実した一日だったようで,この日の晩はみんなぐっすりと眠りました。


 
8月8日(水曜日) 鎮江市少年宮との交流会,鎮江市内視察,表敬訪問&歓迎レセプション
午前:
今回の交流の目玉でもある鎮江市少年宮を訪問しました。
歓迎式では,鎮江市少年宮の時伯慶主任から歓迎の挨拶を受けたあと,原田引率団長が挨拶しました。
その場で,子どもたちの絵や習字の作品もお互いに交換しました。
鎮江市少年宮表敬訪問
少年宮の子どもと作品交換1
少年宮の子どもと作品交換2

 

続いて行われた交流会では,最初に倉敷市から歌・リコーダー・じゃんけん列車(ゲーム)・うらじゃ(踊り)の発表をしました。
団員たちは事前研修3回の練習に加え,鎮江市でも練習を行った成果以上のものを発揮しました。
その後,鎮江市少年宮の子どもたちが歌・演奏・踊り・武術などを披露してくれました。
鎮江市少年宮の子どもたちの発表内容は種類が多く,その立派な姿に団員たちも楽しみ,感心した様子で思い思いにカメラにその様子を収めていました。
交流会(倉敷市発表)1
交流会(倉敷市発表)2
交流会(倉敷市発表)3
交流会(鎮江市発表)1
交流会(記念撮影)
交流会(鎮江市発表)2

 

交流会の後は,鎮江市少年宮の先生の指導の下,粘土体験を行いました。
子どもたちの自由な発想を大切に指導してくださり,団員は思い思いの作品を作りました。
粘土体験1
粘土体験2
粘土体験3

 

午後:
鎮江市酢文化博物館へ行き鎮江市特産の香酢を試飲したり,作っているところを見学しました。
博物館には,世界のお酢が並べられ,香酢独特のにおいがしていました。
見学の後は思い思いに香酢でできたお土産物を買いました。
当初予定されていた焦山観光は雨のため中止となりました。残念。
 
鎮江酢文化博物館1
鎮江酢文化博物館2
鎮江酢文化博物館3

 

夕刻:
鎮江国際飯店にて,張国雲外事弁公室主任をはじめ鎮江市政府の方々を表敬訪問しました。
張主任の歓迎挨拶の後,原田引率団長がこれまでの倉敷市と鎮江市との友好のあゆみを振り返るとともに歓待に対する謝辞を述べられました。
また記念品の交換も行いました。
鎮江市政府表敬訪問1
鎮江市政府表敬訪問2

 

表敬訪問の後,鎮江市主催の歓迎レセプションに出席しました。
表敬訪問で出迎えて頂いた張主任をはじめ鎮江市外事弁公室の職員,鎮江市少年宮の職員,ホームビジットで受け入れて頂いた家族の方々などが出席してくださいました。
鎮江市の方から『倉敷の子どもたちの歌をぜひ聞きたい。』という声があり,交流会で歌った「世界に一つだけの花(中国語)」と「故郷」を披露しました。
歓迎レセプションでは団員たちはホストファミリーとも打ち解け積極的に交流できました。
歓迎夕食会1
歓迎夕食会2
歓迎夕食会3
歓迎夕食会4
歓迎夕食会5
歓迎夕食会6

 

この日で鎮江市での行程は終了です。
今回の訪問に際し,ご尽力いただきました鎮江市関係者のみなさま,本当にありがとうございました。


 
8月9日(木曜日) 北京市内視察
早朝:
鎮江市のホテルを出発して南京空港から飛行機で北京市へ向かいました。
飛行機の遅れなどにより約3時間遅れて北京空港に到着しました。
南京空港1
南京空港2
北京市内

 

午後:
広大な敷地に9,999にも及ぶ部屋数のある故宮博物院と,世界一の大きさを誇る天安門広場を視察しました。
中国のスケールの大きさの一端に触れた団員たちは,驚きとともに感心した様子でした。
故宮博物院
天安門広場1
天安門広場2

 

 
8月10日(金曜日) 万里の長城&明の13陵視察
午前:
多くの団員が楽しみにしていた万里の長城は,中国も夏休みだったため大変混雑していました。
人ごみの中で歩くだけでも精一杯でしたが,延々と続く城壁に団員一同は大きな感銘を受けた様子でした。
明の13陵では,明の時代の13人の皇帝について,現地ガイドからの説明に耳を傾けながら見学しました。
万里の長城1
万里の長城2
万里の長城3
万里の長城4
明の13陵1
明の13陵2

 

午後:
中国科学技術館を訪れました。
ここはライフパーク倉敷を大きくしたような施設でした。
こちらも夏休みということもあって中国の子どもたちもたくさん来場していました。
それでも中国の子どもたちに交じって団員たちも各種体験コーナーを楽しみました。
ショッピングではお茶を販売しているお店に行きました。
中国茶の説明や試飲がありました。
中国科学技術館1
中国科学技術館2
中国茶体験

 

夕刻:
中国での滞在期間中ずっと随行してくれた鎮江市外事弁公室の申さんを囲んでの夕食。
原田団長が代表してお礼の言葉を述べました。
また食後には8月生まれの団員の誕生日会を行いました。
みんなで『Happy Birthday』の歌を歌い,誕生月の団員から訪中の感想や将来の夢を発表してもらった後,最後にケーキをみんなで食べました。
団員からは,「僕は立派な医者になって,鎮江市(中国)から来た人に今度は御馳走してあげたい。」, 「中国の歴史に興味がわいた。日本に帰ったらもっと勉強したい。」,「この素晴らしい仲間と中国を訪問して絆を深められたことが一番良かった。」等,突然の話にもかかわらず,堂々とした態度で,すばらしい発表がありました。
北京ダック体験
最後の夕食会
誕生日会

 

 
8月11日(土曜日) 帰国の日
終日:
北京空港から上海虹橋空港に着き,バスで移動し,上海浦東空港から岡山空港へ向かいました。
この日も国内線・国際線ともに飛行機の遅れなどが重なり大幅に予定時間より帰国が遅くなりました。
倉敷市役所に着いたのが夜11時を過ぎていたこともあり,家族,市の職員や倉敷市日中友好協会関係者に出迎えをうけて,そのまま帰宅の途につきました。
北京空港
市役所で解散

 


団員全員が元気に過ごした6日間。
中国から大きなお土産を心にいっぱい詰めて帰ってきました。
団員のみなさんお疲れさまでした。
保護者の方,倉敷市日中友好協会関係者の方,ご協力ありがとうございました。