協働調整員・協働推進員

スマートフォン用ツール
協働調整員・協働推進員

協働調整員・協働推進員について


 倉敷市協働調整員・協働推進員設置要綱

(目的)
 
市民参加による協働のまちづくりをめざし,市職員の協働に関する意識の向上を図るとともに、市民公益活動団体等と行政との協働を推進するため、平成20年度から、各所属に、協働推進員及び協働調整員を設置しています。

(配置状況)
 

平成29年度の受講対象職員

(1)協働調整員 原則として主管課を所掌する部の部長級の職員1名ずつ(20名)
(2)協働推進員 各課・各室の概ね10年以上の中堅職員1名ずつ(139名)

実施した研修等

平成24年度~28年度実施状況は、こちら
  
平成29年度実施

初級研修

日時:5月25日(木曜日)午前の部9時半~12時・午後の部13時半~16時
場所:倉敷市役所10階大会議室
対象:協働推進員職員(各課・各室の概ね採用10年目以上の中堅職員)139名
   高梁川流域市町職員のうち、希望する職員
講師:石原達也氏(岡山NPOセンター副代表理事・事業統括長)
内容:協働についての基礎知識の説明と,各事業課で協働可能な事業の洗い出し(業務の棚卸)
 
 
中級研修
日時:7月14日(金曜日)13時半~16時半
場所:倉敷市役所低層棟207会議室
対象:担当業務に,地域組織に関する事務が含まれている職員のうち,希望する職員
講師:石原達也氏(岡山NPOセンター副代表理事・事業統括長)
内容:地域支援のあり方説明と,その手法を考えるワークショップ
   市民企画提案事業行政提案についての説明 

イ Eラーニングによる協働研修

対象:全職員
内容:Eラーニング(インターネットを利用)による資料配布
   
(ア)協働が必要とされる背景
(イ)倉敷市・他市での協働事例
(ウ)協働の進め方
(エ) 協働推進のためのツールについて


ウ 協働メールマガジンの発信

 対象:全職員
 内容:庁内ウェブによる資料配布