Katsuyoshi Fujii

Katsuyoshi Fujii

Outside the Sea

Katsuyoshi
Katsuyoshi

I found this program poster.
Then I wanted to go to America.
Because America is the most famous foreign country in Japan.
First the Japanese have many American goods. Second the Japanese are watching English spelling everyday.
I thought. I want to watch real English. And I went to the interview place.
写真1 
写真2 
I could pass the interview. I was very happy .Because I can go to America. After I met the mission`s members at first,I noticed that I was only a man in our members. But I didn’t be sad. Because I jointed to the high school`s shymphonic band. I was accustomed to the surrounding. And we went to the Kansas city. I was very tired from the plane trip. We traveled to the Kansas City for 15 hours. I arrived at the Kansas City airport. And we were welcomed by America and Japan society people. We were very happy. And I went to the City Hall. I met the mayor. And we went to the lake. I was swimming in the lake. Swimming was very fun. I was entertained by host family. Host family were very kind.
写真3 

写真4 

And host family took me to various places.
I was very fun. And I want to meet to them again.
And with host family I saw the movie twice.
I did’t understand English language.
But I saw the moving. so I was fun.
And I watched the Major League.
The Major League was very exciting.
The baseball stadium was gorgeous.
I was surprised because Kansas City Royals won the game by thirteen points.
And I went to the country`s festival.
I was surprised. This Festival was very big.
This Festival had Jet coaster and Ferris wheel
This Festival was like a theme park.

写真5 

写真6 

And I went to the farm.
This farm had many cows.Cow`s babies were very cute.
I drank milk in this farm. Fresh milk was very delicious.There were many kinds of milks. I drank all kinds of milks.
And I rode on a buggy.
Buggy was very interesting.
I experienced the American culture.
I want to study more. Because I want to go to the Kansas again.
I am glad to become a international member of
society.
Sometime I want to work over the world as a cosmopolitan.
I wish, finally, to thank you all.

平成25年度
姉妹都市訪問青少年生活体験団
体験団団員 金光学園高等学校
1年 藤井 克祥

海のそとへと
僕は、この海外研修は本当に有意義に過ごせたなと、心の底から思っています。
また、倉敷市市長を始め、多くの方々が、この研修を後押ししてくださったおかげで、僕たち海外研修のメンバーは、有意義のある 生活体験を送れたのだと深く承知しています。
さて、どこから話せばいいのでしょうか。
まず、自分は学校の応募で、この研修のことを知りました。

写真7 

写真8 


自分はその当時、まだ、海外に行ったことがなかった訳ですから、ただ単にアメリカに行ってみたいなと思いました。ただ、なぜ、僕がたくさんの国の海外研修の中で、アメリカを選んだのかというと、テレビ等でよく取り上げられている国といえば、自分はアメリカだと思ったからです。
そして、日本の歴史によくでてくる国といえばアメリカです。
いろいろなところで、日本という国はアメリカっぽいものが、たくさんあります。たとえば、アパートやマンション、スーパーマーケットやコンビニなど様々な英語っぽい日本語があります。
じゃあ、本物は一体どんな感じなのだろうと単純に思ったのが応募の動機です。
そんな経緯で、僕はどうにか面接を通り抜け、念願の団員になることができたのです。
最初は、少し戸惑いました。それはなぜかというとぼく以外、引率の先生以外女性だということが判明したからです。
けれど、実は、そういう環境は学校では慣れっこなんですけどね。僕は、学校で音楽部吹奏楽団に入部しているので。
そうして、僕たち7名の高校生と、1名の引率の先生は、倉敷市役所からバスで関西国際空港に。そこから空路で、サンフランシスコ、デンバー、カンザスシティという丸一日を潰すほどの長旅へと旅立ちました。
サンフランシスコへ到着した時には、それはもう、あたり一面英語ばかり!当たり前ですけれども、その時は、本当にアメリカに着いたんだなと興奮していました。
しかし、そのあと乗り換えを2つして、少し酔うなど、散々な目にあったりした後、日米協会の方々に暖かく向かえられました。
この海外研修は本当に楽しかったと、心の底から深く思います。

写真9 
写真10 

また、僕は“百聞は一見にしかず”という言葉が好きです。その言葉の意味を、アメリカに着いてから、たくさんの人々との出会いを通じて、改めて実感しました。
ぼくは、カンザスに行ったことを一生忘れません。勉学に励んで、いつの日か戻りたいと強く願います。
また、ぼくは、海のそとへ出て、国際社会人として、世界をまたぐような、でかい仕事をやりたいと思うようになりました。この研修を終えて、それが僕の夢になりました。
 ほんとうにありがとうございました。