Shiho Tamura

Shiho Tamura

I Love Kansas City

Shiho1
I went to America for the first time. At first, I thought that it was pleasure. I was looking forward to going to America. I wanted to visit “The Nelson Atkins Museum of Art” while in Kansas City. The first host family took me to there. They made me happy. But this museum is too big. So, we could not watch for many pictures and carvings.
Next, Kelly, Madeleine, Ellery and I went to the Kansas City zoo. But we did not watch the animal. We went there to watch the Broadway. It was “The Little Mermaid” on that day. I was impressed.
Shiho2
At the first host family and last night to spend, we cooked hamburger, French fries, and green tea. We always eat out, so very enjoyed having dinner.
At the time of parting, I have cried. So, in the attraction announcement, our students and Mr. Adachi performed a premature start of AKB48 and sang the “Top Of The World”.
I thought that the second host family is international family. Host father’s name is Mark. He is from America. Host mother’s name is Jing. She is from China. So, I thought that. They have two children. Seven years old child’s name is Rachel. She likes running and watching TV. Four years old child’s name is Samuel. He likes watching TV. At first, they did not talk to me. I thought that maybe they are a little shy. So, I talked to them steadily. Then they came to talk too. They might sometimes talk in Chinese. I cannot speak Chinese. Jing told them not to speak Chinese to her. Thanks to Jing, they came to talk in English. Both the story and the hobby fitted the Jing, and days to spend together were very happy.
Shiho3
We went to PLAZA on two days. We saw a lot of clothes. Almost clothes are sleeveless dresses! I was so surprised. But I bought one. (↑) Then it was a day of the parting again. This is a last farewell party. So I was very sad and more cried.
Through this home stay, I wanted to study more English. And I want to come back to Kansas City in America. Thank you very much, everybody!!


カンザスでの生活


初めてのアメリカ。初めての外国。飛行機の中では、これからどんな生活をするのだろうと楽しみに満ち溢れていました。最初の2日間は、みんなと過ごしていたので安心していました。しかし、3日目の夕方、各自のホストファミリーがホテルに迎えに来るとき、急に不安になりました。これから1週間、日本人1人の生活が始まると思うと怖くなっていたのを今でもよく覚えています。私のホストファミリーは1番に来たので、不安はさらに増しました。Hoyt家のホストマザーKellyと、ホストシスターのMadeleineが来てくれました。Madeleineとは同い年で、今回のホームステイを通して1番の友達になりました。ホストファザーMarshallは長髪でとても陽気な人で、15歳のホストシスターElleryはオシャレ大好きな人でした。ブロ―ドウェイに行ったり、本物のピストルで的にむかって撃ったりと、日本では中々経験できないことをたくさんさせてもらいました。また、ずっと行きたいと思っていたネルソンアトキンス美術館へも連れて行ってくれました。全部観ることはできませんでしたが、とても嬉しかったです。
Shiho4
 そうしている間にも、お別れの日は驚くほど早く近づいてきていました。アトラクション披露をするのは楽しみでしたが、それが終わるとHoyt家とはお別れになるので、複雑な気持ちでした。”Top Of The World”を歌い終わった瞬間、涙がでてきました。そして、第2ホストファミリーの家へ移りました。
 この家は、ホストファザーMarkはアメリカ人、ホストマザーJingは中国人、その子どもRachelとSamuelといった、国際的な家族でした。2人は東京の大学で知り合ったので、会話は日本語という私にとってはとてもありがたい方々でした。RachelとSamuelがときどき中国語で話しかけてきたときは少し焦りました。でも、いつも抱きついてきてくれて嬉しかったです。Friend家に移ってから2日目の昼の3:00から、近所の方々と庭でBBQをしました。家庭用の肉でも、日本とは全然違い、どれもやわらかくておいしかったです。私の家にまで持って帰りたいくらいでした。送別会の前日、私と同い年の中国人とJingと一緒に買い物へ行きました。今度は、その人とも友達になれました。
Shiho5

 そして送別会終盤のとき、また涙がでてきました。「日本へ帰りたくない」という思いばかり募っていました。                      
私は今回のホームステイに参加して、アメリカ人だけでなく、中国人とも交流できて、本当にいい経験をすることができました。もっと英語を勉強して、今よりももっと親交を深めたくなりました。MadeleineとJingとは、メールのやり取りをしています。このホームステイに参加させていただき、本当にありがとうございました。