Misaki Taya

Misaki Taya

The difference between America and Japan

Kurasiki Amaki High School 1st Misaki Taya
Many people taught me a lot of things about Kansas City. And I could know that there are many differences between America and Japan. So I’m going to tell you them.
写真1 
写真2 

First, I was surprised at the traffic rules in America. In Japan, we can drive a car from 18 years old. But in America, people can do it from 16 years old. So a member of my first host family who is 16 years old always drove himself. American cars have a handle in left and it keep to the right side of the road. Also, American people can turn right when the traffic right shows red. We usually don’t need to pay some money when we drive in the highway in Kansas City. Surprisingly, sometimes some deer across the street!
写真3 
写真4 

Second, I found some difference about houses. American houses have big yard. Some animals such as cats, rabbits and fireflies often come to the yard. I caught some fireflies when I took a walk with my host family and play with children in the yard evening. Fireflies are rare in Japan, so I enjoyed their beautiful lights. Inside of house, there aren’t doors on the first floor. The stairs is covered with soft carpet. [So maybe you don’t get hurt if you fall down the stairs.]
写真5 
写真6 

 Third, American people have a lot of parties. I was invited to the bridal shower in this trip. It can join only women and little kids. We were talked and talked. [Of course, I couldn’t understand their conversation’s contents.] I enjoyed the party, but that day was very hard for me. I heard that American people have birthday party, Prom, Valentine’s Day party, and so on. They enjoy dancing, singing, talking and playing games. I like party very much. It was a lot of fun!! I want to join to the Prom someday!!
写真7 
写真8 
American students’ summer vacation is about 3 month! And they don’t have a lot of homework during their summer vacation like Japanese students. But almost kids do volunteer works instead.
写真9 
写真10 

I could know a lot of things about America thanks to many people. These are my special treasures and intellectual property rights. I want to know more, so someday I’ll go to Kansas again. And I want to meet my host family! Wait a minutes, I’ll be back to Kansas City!!
写真11 
写真12 



憧れのアメリカ


    岡山県立倉敷天城高等学校1年 田谷美沙樹
 ずっと憧れていたアメリカへ渡るチャンスを掴んだこの夏、私の心は今までのどの夏よりも弾んでいた。言語が違うことなんて気にもせず、家族や友達と離れることも忘れるほどに、ただただアメリカ大陸に近づいていく一日一日が幸せだった。乗り物に滅法弱い私だが、その胸の時めきのおかげか、今回の研修中一度たりとも体調を崩すことはなかった。
写真13 
写真14 

 長い長い移動時間を終えアメリカに着いてからは、目に見える全てのものが新鮮で輝いていた。英字の看板や新聞、周りから聞こえる話し声やテレビのニュース。何もかもが英語であるという当たり前な状況にさえ心躍らせた。
写真15 
写真16 

 しかし、ただ心を躍らせていられるのも最初のうちだけだった。まず私を待っていたのは他のメンバーとのお別れだった。ホテルのロビーでホストファミリーを待ち、お迎えが来たメンバーからホテルを去っていく。ついに日本語の通じない生活が始まる瞬間だ。すぐに会えるとわかっていても、やはりみんな不安は隠せない。堅い表情のままのお別れだった。車に乗り込むと、いくつかの質問をされる。簡単な質問なのだが、緊張で何を聞かれたのか、何を答えたのかなんてまるで覚えていない。おしゃべりでよく親に「スイッチがあったら切りたい」と言われる私だが、慣れるまではそうもいかなかった。(後々またおしゃべりな私が帰ってくるのだが。)
写真17 
写真18 

ホストファミリーとの生活は本当に有意義な時間だった。知らないことをたくさん教えてもらい、日本ではできないことをたくさん経験した。疲れていても寝る暇さえ惜しいくらい毎日が充実していた。私を喜ばせようとしてくれるホストファミリーの気遣いが常に私を支えてくれていたため、一度たりともホームシックにはならなかったし、帰るそばからアメリカシックになっていた。ホストファミリーとのお別れは本当につらく、遠ざかっていくホストファミリーの車を追いかけたくなるほどだった。
写真19 
写真20 

この研修を終えて、自分の知らない事を知る楽しさを改めて感じた。そして必ずまたカンザスシティを訪れようと心に誓い、帰路に立ったのだった。
写真21 
写真22 
写真23 
写真24