Momoka Yamaguchi

Momoka Yamaguchi

I will never forget you.

I like to speak English very much. So, I intended to participate in this home stay program. And I wanted to do home stay again since I went to Australia by the school trip of the junior high school.
The day when I leave in the United States is come over immediately.
写真1 
写真2 

But I was not thence. Rather, I was a pleasure very. Mother of the first host family is Japanese. But she said to me “You came to the United States, you should speak English. They took me too many places with her. For example, the high school, the church and the party, the most impressive thing is contact with children of around 2 years old at the Sunday school. First they speak baby talk; I was not able to understand that they said at all. But if we couldn’t understand that sating each other, if I was smile, they became smile and we could play song of toy together.
写真3 
写真4 

At night, I explained my breeding and Japanese culture to them. It was instant every day that night came. And one week passed.
The next family is American, and of course they speak English. Mom was very kind and dad was an interesting person. If it is now and thinks back, the whole family always laughed. But it was instant for one week, and time of the parting came at last.
写真5 
写真6 

Mom said to me “Most people return in the people who stayed with our family again. Therefore you can return here, too. It will be come true someday if you play”. Still it was sad to be separated from everybody and was not able to turn off tears. All people who I met there were very kind. When we did hug, they said to me “You are not lonely. We are families for now and forever.” and smiled. A family and the friend whom I hugged forever. I love them. I felt many love. I cannot express it in a word.
写真7 
写真8 

I make an effort to develop command of English. Because, I want to convey my feeling more this time when I meet them.

Thank you for everyone.

I will never forget you.


 私が今回、このホオームスティプログラムに参加したいと思った理由は簡単です。英語が好きだから。そして中学の修学旅行で、オーストラリアに行った時からずっと、「またホームスティしたい」と思っていたから。
そしてついにやってきた出発の日。
写真9 
写真10 

ドキドキ(不安)1割、ワクワク9割の気持ちで第1ホストファミリーに対面しました。お母さんは日本の方でした。私は内心、「日本語でも会話できる」と安心しました。でも、お母さんは「せっかくアメリカに来たんだから、英語を使わないと。」と言って、英語のみの生活が始まりました。学校や教会、ショッピングにパーティーなど、たくさんの場所に連れて行ってもらい、たくさんの人と接することができました。その中でも、特に印象に残ったのは教会で、2歳くらいの子どもたちと一緒に遊んだことです。最初は何を言っているのか全く分かりませんでした。それは、子どもたちが幼児語を話していたからです。でも、言葉が通じなくても私が笑えば子ども達たちも一緒になって笑ってくれたし、一緒に手遊びうたも歌うことができ、とても楽しかったです。
写真11 
写真12 

そして、夜は私の生い立ちや、日本の文化を説明したりしました。毎日、夜が来るのがあっという間でした。そして1週間が経ち、次のホストファミリーに引き継ぎ。
今度は全員アメリカ人で、もちろん英語。お母さんはとっても優しい人で、お父さんはいつも皆を笑わせてくれる面白い人でした。今になって思い返せば、常に皆が笑っていたと思います。でも、1週間はやはりあっという間で、ついにお別れの時が来ました。
写真13 
写真14 

お母さんは「私たちの家にホームスティした子は、ほとんどの子がまた戻ってくる。だから、桃もきっとまた会える。願っていればいつかは叶うから。」と言ってくれました。それでも皆と別れるのは悲しくて、涙を止めることができませんでした。本当に皆優しい人ばかりで、「さみしくないよ。ずっと家族だから。」と抱きしめて笑ってくれていました。いつまでも抱きしめてくれていた家族、友達。一言では言い表せないほどのたくさんの愛を感じることができました。
だからこそ、今度再会した時には、自分の言葉で、自分の気持ちを伝えられるように。私は、もっと英語力を伸ばすために努力します。
写真15