新修倉敷市史 第3巻 通史編 近世(上)

スマートフォン用ツール
新修倉敷市史 第3巻 通史編 近世(上)
『新修倉敷市史』第3巻 

序章



第1章 近世の領主と支配のしくみ

第1節 近世の開幕
第2節 幕府領の支配
第3節 岡山藩とその支藩
第4節 諸藩・旗本知行所の支配

第2章 村のなりたち

第1節 近世村落の形成
第2節 村の負担
第3節 村役人と村の成員

第3章 町場の形成と流通

第1節 倉敷の町場の形成
第2節 船入川と水運
第3節 下津井港とその周辺
第4節 玉島港とその周辺

第4章 新田開発と用水問題

第1節 近世前期の新田開発
第2節 近世中期の新田開発
第3節 近世後期の新田開発
第4節 八ヶ郷をめぐる水利問題

第5章 町と村のくらしと宗教

第1節 町と村のくらし
第2節 年中行事と通過儀礼
第3節 寺社と村
 

付録絵図

 備中国窪屋郡之内倉敷村絵図
 備中国児島郡興除新田西用水路模様替井筋見取絵図(天保13年3月)