くらしき心ほっとサポーター

くらしき心ほっとサポーター

くらしき心ほっとサポーター活動

 くらしき心ほっとサポーター(以下サポーター)とは「一市民として精神障がいに関するよき理解者としての立場から、心の健康づくりの推進や精神障がいに対する偏見除去のため行政と協働で啓発に努めていただく方」です。倉敷市では平成21年度にサポーター養成事業を開始し、16名のサポーターが誕生しました。現在までサポーターの養成・育成を継続し、令和元年度に活動10周年を迎えました。現在は 121名が活動しています。サポーターさん自身が地域のさまざまな機会を通じて、啓発活動を行なってくださっています。活動の様子をご紹介します。

1.活動10周年記念式典では伊東市長から各地区の会長に感謝状が手渡されました。

市長から感謝状授与

 

2.各地区でのイベントや心の健康づくりに関する講座、メディアでの啓発活動の様子
玉島テレビでの啓発真備心の健康づくり講座

みんなねっと全国大会での啓発


児島健康まつりでの啓発の様子