申請上の注意点

スマートフォン用ツール
申請上の注意点
令和2年度の申請上の注意点です。
共通
  • 書類の不備等があると、受理できません。書類の記載事項や添付書類等に漏れがないかご確認ください。
  • 申請に使用される印鑑は、すべて同じ印鑑にしてください(認印も可)。
  • 電気自動車等の「交付申請書」及び、充電設備の「事前登録申出書」は先着順(郵送より窓口受付分を優先)です。予定件数に達し次 第、受付を終了します。(受付状況については、こちらで公表しています。)
  • 補助金の金額は、申請時点の定めに従って決定されます。
  • 補助対象者以外が手続きを行う場合は、申請代行者名を記入してください。
  • 補助対象となった電気自動車及び充電設備について、法定耐用年数期間内に買い替える等使用をやめる場合は、財産処分等承認申請書を提出し、市長の承認を受ける必要があります。

 

電気自動車等
  • 電気自動車等については、車両登録日から60日以内に交付申請書を提出してください。車両登録日から60日を過ぎた場合は、補助の対象となりません(遅延理由書は受付できません。)。
  • 新規登録、新規検査の車両のみ対象です。
  • 自動車検査証の燃料の種類が「ガソリン・電気」のものはプラグインハイブリッド自動車です。
  • 燃料電池自動車の燃料の種類は「その他」です。
  • 以前補助金の交付を受けた車両を法定耐用年数(普通自動車6年・軽自動車4年)期間内に処分する(交通事故による廃車、代替時の下取り含む)等使用をやめる場合は、交付した補助金の一部返還の請求をさせていただきます。処分前に、財産処分等承認申請書を提出してください。

 

充電設備
  • 充電設備については、工事着手前の「事前登録申出書」が必須です。事前登録より前に工事を行っている場合は、補助の対象となりませんのでご注意ください。
  • 事前登録申出書を提出していただいた後、登録通知書を交付します(特に問題がなければ即日交付。)補助金の交付の申請ができるのは、交付枠内にある登録者のみです。交付枠内にある登録者の事前登録通知書には、交付判定の欄に市の確認印を押印します。
  • 事前登録通知書に記載された提出期限までに、工事着手及び工事完了の上、補助金の交付申請を行ってください。
  • 事前登録の有効期限は登録日から60日以内です。申請者の責めに帰さない事情により、申請が提出期限を過ぎてしまう場合は、提出期限前に遅延理由書を提出してください。 提出がない場合は、 事前登録を辞退したものとみなし、登録を抹消します。
  • 交付申請の提出は、事前登録通知書の通知日から60日以内ですが、事前登録通知書の通知日から60日後が3月31日を越える場合、3月31日が交付申請期限になります。期限の延長はありませんのでご注意ください。
  • 使用品のみ対象です。
  • 以前補助金の交付を受けた設備を法定耐用年数(8年)期間内に買い替える等使用をやめる場合や場所を移動する場合は、交付した補助金の一部返還の請求をさせていただきます。処分前に、財産処分等承認申請書を提出してください。